シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

アーカイブ : 子供の教育費の話

私立高校の無償化!2020年度から開始の話を分かりやすく説明するよ

私立高校の無償化!2020年度から開始の話を分かりやすく説明するよ

私立高校の実質授業料の無償化の実現が、2020年度から始まります。 平成29年12月8日に閣議決定された「新しい経済政策パッケージ」には,消費税使途変更後の32年度までに,現行制度の平年度化等に伴い確保される財源など,政府全体として安定的な財源を確保しつつ,家庭の経済状況にかかわらず,幅広く教育を受けられるようにする観点から,...

母子家庭の子どもの大学進学費用は、いつまでにいくら必要なのか?

母子家庭の子どもの大学進学費用は、いつまでにいくら必要なのか?

シングルマザーのさなです。子どもの将来を考え、大学に進学させたいというのは親心だと思います。 この記事では一般的な大学進学にかかる費用と貯め方についてお話しますが、 年間の大学授業料が上昇傾向にあるため、年収590万円以下の世帯だと大学の授業料の無償化が2020年度から開始されます。 そちらの記事も参考にしてください。 Ads...

奨学金の検索サイトを集めました。

奨学金の検索サイトを集めました。

奨学金の数は2,000近くあると言われていますが、自分にあった奨学金を探すのが大変です。 そこで、奨学金の検索ができるサイトを紹介。日本全国にある奨学金の全てを網羅しているわけではないですが、参考にしてください。 LabBase 奨学金検索 https://labbase.jp/shogakukin 奨学金124件から探せて、...

私立高校の学費を支援する制度を使えば進学できる。

私立高校の学費を支援する制度を使えば進学できる。

今は小中学校の授業料だけでなく、 高校の授業料も公立高校なら無料、私立高校でも全世帯の9割の世帯を対象に補助がでます。 当サイト管理人さなの子供も私立高校に通っています。 このページでは、ひとり親世帯だけでなく子持ち世帯が対象となる政府による高校進学のための支援制度をまとめました。 今現在、生活が厳しく、子供の高校の学支援、援...

大学授業料の無償化の開始は2020年度から!大学の無償化のデメリットは社会のメリットだ。

大学授業料の無償化の開始は2020年度から!大学の無償化のデメリットは社会のメリットだ。

高等教育無償化、といったフレーズで聞いたことがあるかと思いますが、低所得者世帯の子供達が、大学や専門学校などへ無料で進学できる制度が始まります。 これにより大学や専門学校の授業料が自己負担なしになるんです。(ひとまず、大学が無償化の模様。) Ads by Google 大学の授業の無償化は2020年度から! 母子家庭の半分程度...

高校生向けの民間団体の給付型奨学金を受給することになったよ!

高校生向けの民間団体の給付型奨学金を受給することになったよ!

シンママブログ管理人さなです。4月から高校に入学する我が子が、某民間団体の奨学生になることができました。 この奨学金があれば、問題集や模試、塾の長期休暇中の講習などを受けることができるので、とてもありがたいです。ムダにせずこれから社会で還元できる人になれるように、娘にはよく言って聞かせています。 この記事では、民間の奨学金はど...

私立高校の特待生のデメリット。入学前に知っておけば良かった私立高校特待生のヤバい話。

私立高校の特待生のデメリット。入学前に知っておけば良かった私立高校特待生のヤバい話。

私立高校の「特待制度」と聞いたら、授業料免除のメリットしかないって思っちゃいますけど、私立高校の特待生でもデメリットあります。 人によっては、特待生として高校入学した後に、そんなはずじゃなかった!びっくり!ってこともある。 実際に子供が高校受験したり、子供の友達が受験したことで、特待制度の全貌が分かってきて、特待制度のデメリッ...

私立高校の入学金・制服代・諸経費が40万!月謝は3万6千円!払えない。さぁ困ったどうする。

私立高校の入学金・制服代・諸経費が40万!月謝は3万6千円!払えない。さぁ困ったどうする。

シンママブログ管理人さなです。私立高校の入学手続きが始まりました。 私立高校に入学予定の我が子の元にも、合格通知と共に入学金や教科書、制服代などの内訳が書かれたリストが届きました。 Ads by Google 私立高校の入学金諸経費40万円! 我が子が入学する私立高校は、関東の地方都市にある一般的な私立高校で、都内ではなくお嬢...

母子家庭でも私立高校!奨学金をゲットするのに必要な偏差値のレベルを考える。

母子家庭でも私立高校!奨学金をゲットするのに必要な偏差値のレベルを考える。

こんにちは!シンママブログ管理人さなです。 少し前の記事にも書きましたが、娘が奨学金を頂けることになり私立高校に進学することになりました。 全体的には、公立高校を希望する家庭の方が多いとは思いますが、我が家は高校進学後の塾代の捻出がほぼほぼ不可能なので、授業時間が多くて塾要らずで給付型奨学金が充実している私立高校にしました。 ...

母子家庭の高校受験塾代は月22000円、送迎も大変。

母子家庭の高校受験塾代は月22000円、送迎も大変。

今年最初の投稿です。今年もよろしくお願いいたします。 さて、娘の受験が終わりました。 あれ?受験終わるの早いなぁって思ったかもしれませんが、我が子は私立単願なので、1月上旬で試験終了なんです。 公立高校志望なら3月が入試ですからまだまだですね。公立志望の子頑張って。 受験結果はこれからですが、(結果出ました。)受験をふり返って...

経済的な負担なく塾に通わせる方法

経済的な負担なく塾に通わせる方法

塾代に慎重なシンママブログ管理人さなです。 経済的なことが塾通いのネックになっているのですが、そもそも、義務教育なのに塾に行かないと足りないってオカシイでしょ!?という反抗心もあって、娘は中三まで塾に行ってませんし、まだ中1の息子も塾通いなんて考えてませんでした。 しかし、今月から塾に経済的な負担なく通うことができたので、その...

母子家庭だけど私立高校に入学します。学費の心配がいらない私立高校の話。

母子家庭だけど私立高校に入学します。学費の心配がいらない私立高校の話。

こんにちは!シンママブログ管理人さなです。 現在、わが子は中三の受験生。夏休みの三者面談で先生に志望校をお知らせしてきました。 母子家庭の我が子は私立高校に単願で願書だします!単願なので受かったら絶対にその私立高校に入るってことなので、公立高校は受けません。 Ads by Google 金なし母子家庭だからこそ私立高校を選択し...

スポンサードリンク

Return Top