シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

母子家庭で住民税非課税世帯になる年収は年収204万円以下

シンママブログ管理人さなです。

住民税が非課税の収入ってどのくらいかというと、勤め人なら年収204万3,999円円以下です。自営業なら売上-経費が125万円以下。市町村民税非課税かどうかに、扶養家族の人数は関係ありません。

均等割も所得割もかからないかた

  1. 生活保護法による生活扶助を受けているかた
  2. 本人が障害者、未成年者および寡婦又は寡夫に該当するかたで、前年中の合計所得金額が125万円以下(給与の収入額では204万4千円未満)のかた
合計所得金額 非課税となる給与収入金額 非課税となる公的年金収入
65歳未満 65歳以上
1,250,000円 2,043,999円 2,166,667円 2,450,000円

引用サイト 住民税非課税の話。柏市HPより

勤め人なら年収が204万3,999円以下の場合が市町村民税(住民税)非課税世帯です。

非課税のはずなのに所得税を引かれている場合は、寡婦控除が漏れている可能性があります。

 

 

 

 

Ads by Google



住民税非課税は、『所得』125万円以下!計算式はこちら

まず、年収と所得は違います。所得は手取りではないです。

その所得が125万円以下の場合、住民税が非課税になり、非課税世帯となります。

勤め人で年収204万円なら、必要経費(給与所得控除)は79.2万円と決められていますので、所得は124.8万円(=204-79.2)。所得が125万円以下なので、非課税になります。

自営業者の非課税世帯は、売上-経費=125万円以下

自営業者は売上から実際の経費を引くので、売上1000万円あっても、経費が900万年なら住民税非課税です。

具体的な住民税非課税世帯かどうかの計算

125万円>住民税非課税世帯の所得=年収-給与所得控除(給与金額を基準にあらかじめ決められている)

非課税のメリット?

非課税世帯(年収204万円・手取りはだいたい13万~15万円位)ということは、児童扶養手当をプラスして子供一人なら生活だけならなんとかなるかな。でも、塾とかはムリ。

なので、原則、非課税世帯のメリットなんてないです。貧乏なだけ。

でも、市町村民税(住民税)非課税世帯では、所得が低く普通の生活ができないので、福祉制度の対象にはなります。

どんな福祉制度の対象になるかというと、たとえば、高校や大学の給付型奨学金も住民税非課税が対象です。

給付型奨学金 月3万円 政府、18年度から2万人
低所得世帯の大学生に返済不要の資金を提供する「給付型奨学金」が2018年度から本格導入される。財務・文部科学両省は自民・公明両党の提言を踏まえ、住民税非課税世帯の学生を対象に月3万円を給付することを決めた。1学年あたり2万人程度を想定、財源規模は200億円程度とする。厳しい経済環境に置かれた学生にも進学の道を開き、格差の是正につなげる。

引用サイト 給付型奨学金 月3万円 政府、18年度から2万人 :日本経済新聞

こういうのをメリットというのは、ちょっと違うかな。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。 にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top