シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

2018年まとめ!シンママ風俗嬢ブログまとめ

今の日本は、求人はあっても生活できる給料を払ってくれるところが減っています。そのため、スキルよりも第一に若さがものを言う風俗産業に勤める女性も増加傾向にあります。

風俗嬢の数、30万人以上、そのうち4人に一人がシングルマザーとも。

また、風俗業界もできるだけ多くの売れっ子になりそうな女性を集めたいですから、母数を多くするために、託児所あり、寮あり体制で女性を集めています。

託児や寮がある風俗は、就職面接会の時に「お子さんが病気になった場合は?」に対して会社側が安心するような答えを出せないシンママにとって、その点においては魅力的な仕事場だと思います。

ですから、結果的に子育てと仕事の両立を図るには、風俗しかない、ということはあり得る話です。

もしかしたら、風俗産業に勤めようかなと考えている方も多いかと思います。シングルマザーで風俗嬢している方のブログをまとめてみました。

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_m

 

 

 

 

Ads by Google



シングルマザーで風俗嬢さんのブログまとめたよ

40代のシンママデリヘル嬢さんのブログです。
お子さんが高校生の息子さん、中学生の娘さん。そして犬2匹、猫3匹。

40代シングルマザーの独り言 デリ嬢として

「シンママ×元看護婦×現風俗嬢」さんのブログ
http://www.dclog.jp/ri85m23ny/

頑張ってる日常が垣間見れます。ただ、更新が2014年でストップ。ブログの内容から察するに、やめちゃったかな。卒業できたのなら、いいのですが・・・。

シンママ風俗嬢の掲示板
http://kizudarakenofuuzoku.blog.fc2.com/blog-entry-605.html

ブログではないですが、赤裸々な収入とか書かれているので。

業界的にはシングルマザーが多いのですが、ブログをする余裕があるシンママ風俗嬢さんはいないみたいで
現状、今も更新されているブログはありませんでした。

この事実は非常に重いと思います。

 

不本意に風俗嬢になっている人がいる世界はオカシイ

「レ・ミゼラブル(ああ、無情)」のファンティーヌも体を売っていました。でも、その舞台は、1700年代のお話です。今は2000年代。

宇宙にも行って、遠くの人とリアルタイムでやり取りできる時代になりました。にもかかわらず、好きで働いている人は別ですが、未だに尊厳を無くしてまで働かなくてはならない人がいるのは、オカシイとわたしは思います。

キャバクラはダメなのか?

キャバクラも風俗産業の一つですが、仕事内容は全然違います。確かに、キャバクラは夜務になってしまうし、風俗よりは稼げないかもしれませんが、フルコミッションの風俗と違って、時給です。

キャバクラではダメですか?


スポンサードリンク

ブログランキング参加中

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。 にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top