シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

シングルマザーは国保と社会保険どっちが得?

シングルマザーは国保と社会保険どっちが得?

シンママブログ管理人さなです。ダブルワークをしていて、社会保険(厚生年金・協会けんぽ)にも入れるし、国民健康保険にも入れるという人がいます。果たしてどっちの方が得なのか?できる限り節約したい身としては、切実に気になります。

わたしは、子供二人抱えて社会保険に入っていたこともあるし、国民健康保険にも入っていたことがありますが、まず最初に言いたいのは、国民健康保険だからとって、母子家庭を理由とした減額制度はありません。

その上での結論は、会社勤めの人(従業員)が自営業向けの社会保険(国民健康保険・国民年金)をあえて選ぶメリットはない、とわたしは思います。

理由を説明する前に、国民健康保険、社会保険の定義をここで説明します。

国保は、国民健康保険。実は国保は社会保険に含まれる!

社会保険(略して社保)は会社で加入する保険料と捉えがちですが、違うんです。社会保険とは、国で強制的に加入させる保障制度のことです。

なので、国民健康保険も社会保険です。そして、国民健康保険は、自営業者や無職、労働時間が短いパート従業員が加入する健康保険のことです。保険証をもらえるアレです。

表にした方が分かりやすいので表にしました。

地位 保険の種類
社会保険 Aコース 会社員(パート含む)、公務員 健康保険 健康保険組合(又は、協会けんぽ)
年金保険 厚生年金(国民年金+年金)
Bコース 自営業他 健康保険 国民健康保険組合
年金保険 国民年金のみ

社会保険にはこの他、会社員のみが入れる雇用保険もあります。

そして、ここで問題になるのは、雇われの身であっても労働時間が短いと会社の社会保険にするかどうするか選べるんです。つまりBコース(国保+国民年金)でもいいよってことです。(A,Bは、分かりやすくするために、わたしが勝手に作ったコースです。)

なので、パートでダブルワークならシフトに入る時間を調整すれば、会社の社会保険に入るか、Bコース(国保+国民年金)にするかコントロールすることができますよね。

会社の社会保険は、傷病手当があるけど、国保には傷病手当がない。

従業員の社会保険と自営業の社会保険の制度の違いは、いろいろありますが、一番大きな違いは、国民健康保険には病気やケガで働けないあいだの収入を保障する傷病手当金の制度がないことです。 (参考サイト 今更聞けない社会保険ってなに?

国保に入るのは、原則、自営業なので病気や怪我で働けない事態は、自分でコントロールできるだろう、ということなのかしら。

確かに、労働者全員が傷病手当をもらう事態になることはないので、勤め人なのに国保の人が受ける影響は限定的かな。しかし、自分が会社勤めで病気になったりした時に非常に困る事態にはなります。

なので、稼ぎ手が一人しかいない母子家庭なら、国保(国民健康保険)じゃなくて傷病手当がある協会けんぽを初めとする会社の社会保険に入った方がいいよ。と言えます。

会社の健康保険は扶養人数に関わらず、保険料は同額。お得感がある!

次に、健康保険ですが、従業員向けである会社の健康保険料(協会けんぽなど)扶養家族が増えても保険料の増額はありません。

一方、自営業者向けの国民健康保険は、家族が増えると保険料も増えます。また、保険料は所得に連動しますが、シングルマザーだからという理由で減額ということもありません。

このように比べると、厚生年金の方がいいじゃないと思うかもしれませんが、自営業者の場合は事業に使っている範囲で家賃などを経費として計上するので、思っているよりも国民健康保険料を決める基準となる所得が低くなることもあります。

所得が低いと国民健康保険料は少なくなりますから、わたしは今のところそんなに不公平感は生じておらず、上手くできているなぁと思います。

しかし、上手くいっているなと思えるのは自営業者が国民健康保険や国民年金に加入してこそです。

経費の計上ができない従業員でありながら、自営業者を想定して作られたBコース(国民健康保険+国民年金)を選択したら話は別です。

次に、厚生年金もみてみましょう。

将来、年金が多くもらえるのが会社の社会保険である厚生年金

将来、貰える年金額が多いのも会社の社会保険(厚生年金)です。

まず、厚生年金の加入者国民年金に自動的に加入となり、国民年金にプラスした金額を保険料として支払っています。2階建てと言うやつです。厚生年金保険料の半分は給料から天引き。残りの半分は会社が直接、日本年金機構に払ってます。

蛇足ですが、社会保険料は会社と折半と考えるのは人が良すぎです。会社負担の分も元をたどれば従業員が生み出した利益から出してます。
会社がポケットマネーで出してくれてるんじゃないですからね。
なので、従業員は、「自分の本当の年収は、源泉徴収で表示される年収に保険料をプラスした金額だ。」と考えるべきです。

 

話を戻します。

厚生年金の人は、国民年金の金額以上のお金を支払っているので、老後にもらえる年金が国民年金だけの場合よりも多いです。受け取る年金がどのくらい多いかは、年収によって違いますが、払っている額が多いのですから受け取る額が増えるのも当たり前ですよね。(女性で厚生年金加入者の平均年金が月8万円と言われています。)

一方、自営業の場合は、年金は国民年金のみです。なので、将来の年金を増やしたい場合は別の制度を使うことになります。

従業員があえて自営業向け社会保険を選択するメリットはない

従業員はあらかじめ経費分の金額が法律で決まっているので、経費計上できません。また、国民健康保険は、扶養家族が増えれば保険料もあがります。

そのため、経費計上が決められた金額以上にできない従業員が、国民健康保険に加入しても会社の社会保険料と同程度か、それ以上保険料になると思います。

保険料だけではありません。

特に、子供という扶養家族がいるシンママは、傷病手当があることや、所得に連動するだけで保険料が扶養人数によって変動しない会社の社会保険の方が実情に合っているはずです。

確かに、会社の社会保険に入ると手取りが減ったり、反対に従業員なのにBコース(国民年金+国民健康保険)に加入すると給料から保険料の天引きがないので、一見、手取りが増えるように感じると思います。

しかし、制度というのは、どんな人が使うのかを想定して作られています。

そのため、従業員なのに会社の社会保険ではなく、国民健康保険や国民年金というイレギュラーな使い方をすると損することが多いように思います。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top