シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

シングルマザーの手当(児童扶養手当)実家で親と同居でも支給される条件はコレ。

シングルマザーの手当(児童扶養手当)実家で親と同居でも支給される条件はコレ。

こんにちは、シンママブログ管理人さなです。母子家庭(父子家庭にも)には児童扶養手当という現金支給があります。通称、母子手当。ただ、所得制限があるので母子家庭の方全員が満額もらえるものではありません。

しかし、基準を超えなければ、たとえ自分の父母(子どもの祖父母)と同居の実家暮らしであっても支給されます。または、自治体によっては世帯を分離している証明ができれば受給可能です。

祖父母と同居でも児童扶養手当をもらえる場合とは?

祖父母が同居でも、児童扶養手当がもらえる条件は、祖父母が年金受給者(無職含む)で所得が少なく、ママの所得限度額が基準額以下の場合です。

そのため、所得限度額をあげるために、祖父母を扶養に入れて下さい。

なぜなら、児童扶養手当は、同じ給料であっても、扶養している家族が多ければ多いほど所得限度額があがり、満額支給に近づくからです。

たとえば、厚労省サイトによると、母と子ども1人のみの母子世帯で年収130万円未満の場合は満額支給になり、ママの収入が130万円以上で365万円未満(「所得」で57万円以上で230万円未満)の場合には、段階的に減額支給になります。

しかし、子どもが2人以上つまり扶養家族が増えれば、所得限度額が上がり収入が130万円以上であっても全額支給されることがあります。

ですから、シンママの両親や祖父母をシンママの扶養家族とすることで、所得限度額があがり、児童扶養手当を祖父母と同居しているかどうかに関わらず、頂けることがあるのです。

祖父母がシンママの扶養になる条件とは?

祖父母などの家族をシンママの扶養にいれるには、以下の扶養の条件を満たせばOKです。

家族に扶養される条件

  1. 納税者(ママ)と生計を一にしていること。(お財布がひとつというイメージです。)
  2. 年間の合計所得金額が38万円以下であること。(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  3. 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

たとえば、国民年金だけを受給している祖父母や、パート勤務、無職の祖父母なら、シンママの扶養にいれることができます

一方、会社員でバリバリ働いている祖父母は、シンママの扶養には入れませんから実家に戻ると児童扶養手当が満額受給できない可能性が高まります。

また、子どもと同居する扶養する義務のある人(子どもの父母、子どもの祖父母、子どもの兄弟など)が所得制限額以上の所得を得ていたら、児童扶養手当はもらえません。

おおむね、児童扶養手当は、正社員でフルタイムで働いている同居家族が別にいると受給の可能性はどんどん低くなります。

つまり児童扶養手当が受給できるかどうかは、子どもの祖父母と同居していることが問題になるのではなく、所得制限に触れるか触れないかで判断されます。実家に住んでいる=必ず児童扶養手当が貰えないというのは間違いです。

所得は扶養家族の人数にもよるので、同居する家族の源泉徴収票を見ながら必ず自治体に問い合わせてみてください。

児童扶養手当は、所得制限に触れなければ、祖父母と住んでいても児童扶養手当はもらえます。
所得制限を超すかどうかは、子どもの人数や母親の収入、同居の家族の収入によります。たとえば、地方に住んでシンママがパート、祖父母が国民年金暮らしの場合は、祖父母をシンママの扶養にいれることで全額支給になる可能性が高いです。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top