シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

公営住宅のメリットデメリットを整理して、離婚後でも良い環境を手に入れる方法【離婚準備2】

公営住宅のメリットデメリットを整理して、離婚後でも良い環境を手に入れる方法【離婚準備2】

こんばんは、さなです。
離婚準備2は、住まいについてです。(前回離婚準備1無資格未経験から始める事務職就職年代別攻略法
離婚後、どこに住むことになるのかは慎重に考えたいところです。

安易に「市営住宅に入ればいいや。」「実家に戻ればいい。」と考えてるかもしれないけど、離婚後の生活がどうなるかは住むところで決まると私は思ってます。

公営住宅には、メリットもありますがデメリットもあります。実家も同様。ここでは公営住宅のメリット、デメリットを整理して、離婚後でもよい環境を手に入れるためにどこに注意すればいいのかを考えてみます。

公営住宅のメリット

公営住宅(市営、県営、都営など)のメリットは、ご存知のとおり家賃が民間と比べると安い点ですね。

どのくらい安いかというと、ある地方都市で2DKの間取りで最低価格1万5千円程度の家賃です。(年収によって変動)同じ地域で同じ間取り(2DK)でも民間だと4万円程度でした。

この家賃価格は、収入が少ないシングルマザーにはありがたいですよね。家賃の安さに目が行きますが、デメリットもあります。

公営住宅のデメリット

郊外にある公営住宅は、クルマの維持が必須

自治体にもよりますが、公営住宅は大抵郊外にあることが多いです。クルマがなければ生活できない場合、新たにクルマを買うだけでなく、維持費もかかります。

  • クルマの維持費
  • 自動車税
  • 自動車保険
  • 車検
  • ガソリン代
  • 駐車場代

我が家は離婚前から乗っている軽自動車を今も使っています。そのクルマの維持費は、1か月あたり22,516円です!

軽自動車維持費(さな家の場合)乗っているクルマ ワゴンアールの場合

  • 自動車税 7,200円(1年)
  • 自動車保険 45,000円 (1年)保険代が高いのは、おととし物損事故で保険を使ったから。
  • 車検 100,000円(2年に1回)
    あまり乗っていないため、部品交換などあまりないのでほぼ車検代のみ。通勤に使っている場合は部品の消耗が激しいので、プラス5万円程度は見ておきたい。
  • ガソリン代 2,000円(月)
  • 駐車場代 12,000円(月)

合計27万192円、1か月あたりに直すと、22,516円です!

車両をこれから購入するとなると、さらにクルマにかかるお金は跳ね上がります。
たとえば、10年乗り潰す予定で新車の軽自動車(120万円)を購入すると、プラス毎月1万円クルマにお金をかけていると考えることができます。(120万÷10年÷12か月)

また我が家の場合、クルマを通勤に使っていないためガソリン代がとても安いので、通勤に使う場合はガソリン代はもっと跳ね上がり、維持費はさらに高額になるはずです。

今のガソリン価格135円でリッター15キロ走るクルマを想定すると、往復30キロ毎日通勤で使っていたら、毎日270円(135円×2)使っていることになります。

月に換算すると、ガソリン代は5400円(20日勤務)。(通勤手当がでる会社なら負担は軽減します。)

我が家のクルマ関連費用を基に、クルマを通勤使用をした場合の維持費を試算すると、1か月のクルマの維持費は27,916円です。(地域によっては駐車代が数千円のところもあると思いますので、目安と考えてね。)

駐車料金が数千円で軽自動車所有だとしても2万円程度はかかるはずです。

公営住宅は確かに家賃は安いですが、通勤のためにクルマの確保が必要だとすると、クルマが必要です。そうすると、家賃とクルマの維持費を加算して4万円前後かかる可能性もあります。家賃とクルマをセットで住居費と考えないと生活が破たんする恐れ大です。

公営住宅万歳!って言ってられない。

逆に、勤務地の近くの民間の賃貸住宅を借りてクルマを手放す方が、お金を節約できる場合もありますな。

子どもの育成環境に適していない場合もある。

どこの集合住宅にもいろいろな人が住んでいますが、公営住宅は世帯年収が少ない人に限られます。

年収が低くなければ住めませんし、住んでいる間に年収が高くなれば家賃もあがりますから、民間よりも割高に感じられる公営住宅から出ていきます。

みなさん、一生懸命に今を生きていますが、実際問題として年収が低い世帯は、子供にお金や時間をかける余裕がありません。

そのため、余裕の無さから公営住宅の子どもが多く通う学校には、親の目が届いていない子どもの割合が多いように感じます。

大人の監視の目が届かない子どもは、事件や事故に巻き込まれる可能性が一段と高まります。中学1年生殺人事件がありましたね。本当にかわいそうです。

大人の監視がなく余裕がない家庭の子供が巻き込まれるのは事件や事故だけではありません。

学力にも差がでる可能性も。

わたしの子は公立中学に通っていますが、中学1年生でクラスの半数の子どもは塾に通っています。

地方都市ではありますが、転勤族の人や国家公務員が多い土地柄なのでうちはビンボーですが、地域自体は、裕福なサラリーマンが多いからかもしれません。

そのような家庭の子ども達は、塾やお稽古に忙しいので放課後にブラブラしている子は見かけませんし、勉強熱心な家庭が多いので、子ども達は優秀です。

我が家には塾に通わせる余裕はないので塾には通わせていませんが、本人は塾通いの友達からよい刺激を受けているように感じます。(追記 中三の4月から1年間の予定で塾に通ってます。)

クラスの大半が塾に通っているような状況だと、逆に塾に通っていない子どもが肩身の狭い思いをするかと思いますが、塾通いする子が半数程度だと丁度いい勉強環境に思えます。

子どもは、周りの環境に良くも悪くも影響されます。勉強をしっかりしている子供がいる学校の方が、子供にとっては良い影響を与えるはずです。

母子家庭とお年寄りばっかりで付き合いが面倒

母子家庭が多いことはママ友できるじゃん!と良いことかもしれないけど、住んでいる人が限られるため、子供会や自治会が上手く機能しない場合もあります。

たとえば、子供会の古紙回収で参加できる人がシンママばっかりで古紙回収中に怪我をしたとか。となりの階のおばあさんが孤独死しちゃった、とか。

何と言うか、地域の人口構成が悪いっていうのかな。いびつなので、いろいろと不便を聞きます。

昔は、公営住宅に住んで浮いた金額を貯金に回し、頭金を貯めてマイホームを購入するというのがマイホームの買い方で、夫婦+子供2人という家庭も公営住宅には沢山いたと思うんですけど、最近は所得制限が低すぎて中々そういう土地ころがしチックなこともできなみたいですね。

実はわたしは幼少のころは公共住宅に住んでたんです。だから、全ての公営住宅の環境が子どもに良くないとは言いないと思うし、年収の高低が人格を保証するものでもないと思います。

ただ言いたいのは、環境の見極めが大事で母親としては安い家賃だけに目を奪われずに、子どもが育つ環境としてふさわしいかどうかも考える必要があると思うんじゃないかな、という話。

シングルマザー的住まい選びまとめ

住む場所を選ぶ際は、職場への通勤コストがどの位かかるのか見極めること。

子供が通学する学校の環境も、実際に学校に足を運び子ども達の下校の様子や、できれば引越し候補の学校にアポを取って、15分でもお話を聞いてみた方がよい。(特に中学校)

離婚準備3離婚後の生活をシミュレーションしよう。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top