シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

長期専業主婦でも書類審査で落ちない履歴書&職務経歴書の書き方

長期専業主婦でも書類審査で落ちない履歴書&職務経歴書の書き方

専業主婦生活が長い女性が、何も考えずに求人に応募したら履歴書の書類審査で落とされます。
履歴書で落とされる理由は、履歴書の書き方に問題があるように思います。

書類選考で落とされる履歴書の特徴 その1職務経歴書がない

求人広告などをみると提出書類は職務経歴書がなかったりしますが、職務経歴書は書くべきです。もちろん、オリジナルで。
その際は提出書類として職務経歴書の提出は必要ない旨は知っているが、あえて提出するとメモをつけておくことです。
←きちんと募集要項を読まないうっかり屋さんだと思われないため。

特に長期間離職していた人や未経験の職業に就職希望の場合、長期離職の理由やその間に行っていたこと、それによって培われた仕事でもつかえるスキルをアピールするのです。
未経験の職種の場合は、自分の性格や過去の職歴が希望する職種にぴったりであることをアピールするようにしましょう。

職務経歴書とは、履歴書には書く欄がないアピールポイントを披露し、どれだけ自分が成長の伸びしろが合って会社に役立つ人材であるかを伝える書類です。ただ職歴をツラツラと書くものではないのです。

りっぱな職歴がないから書かないのではなく、書くことがないからこそ何が何でも書くのです。

ぜひ会ってみたいと思ってもらえるには、何をどのように書けばいいのかを頭に汗して考えることです。

わたしの場合、10年ほど離職の離職期間中に、子育てを通じて忍耐を養ったことや、PTA活動、町内会などで人の役に立つ喜びを知ったこと、町内会行事などを通じて年代問わずに打ち解けられるコミュニケーションスキルを磨いたことなどを書きました。そして、就職に向けてどんな準備をしているかなども丁寧に書いていきました。

 

書類選考で落とされる履歴書の特徴 その2履歴書の写真がスピード写真である

履歴書には大抵証明写真を添付することが多いです。その時の写真をセルフのスピード写真で用意するのはやめましょう

セルフのスピード写真とプロカメラマン(街の写真店)では、写真うつりの質が違います。

正直、長期の離職期間がある専業主婦や未経験者は、ほかの人よりも不利です。なぜなら目に見えるアピールポイントがないから。そのためには、少しでも目に見えるアピールポイントを増やしましょう。

ルックスも目に見えるアピールポイントのひとつです。
スーツを着て、髪を整え、お化粧もしてプロカメラマンに写真を撮ってもらいましょう。
今はデジタル処理ができるので目のしたのクマ、束ねた髪留めからツンツン出てしまった髪の毛などを修正してくれる写真店が多いです。デジタル修正できる写真店でプロカメラマンに撮ってもらいましょう。

書類選考で落とされる履歴書の特徴 その3相手が不安に思う点を放置してある履歴書

たとえば、履歴書に「母子家庭なので残業はできません。」と記入した時に、会社側は「子どもが熱を出した時に急に休まれちゃうかな?」と思うはず。そこを放置してフォローが書いてない履歴書は、面接まで行きません。

そこは、先取りして
「子どもはすでに中学生なので看病のため仕事を休むことはありません。」
「両親と同居のため、看病のため休むことはありせん。」などなど、相手が聞きたいことは先に書くことです。

相手が聞きたいことを先取りするという意味で、「シングルマザーであること」もきちんと書くべきです。シンママはダメだと最初に思っている企業に面接に行ってもムダです。お互い無駄な時間になることを防ぐために、先にシンママであることは履歴書に書いておくこと。そして、シンママでも十分にやっていけることを、履歴書や職務経歴書などでアピールしておきましょう。

★事業主はシンママを雇用すると、厚労省から補助金がもらえるます。その点からも履歴書にシングルマザーであることは書いておいていいかと思います。

面接をするということは、会社に時間を割いてもらうことです。
相手側にメリットがなければ、時間を割いてはくれません。相手にとってどのような態度がメリットがあるのかを考えるとよい履歴書・職務経歴書ができるはずです。

頑張れ~!!

 

これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方
和多田 保
日本実業出版社
売り上げランキング: 9,593

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top