シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

事務職就職に最低限必要な資格はMOS資格!

事務職就職に最低限必要な資格はMOS資格!

事務系の仕事に就きたいのであれば、パソコンの基本スキルは必須です。パソコンスキルがなければ事務職就職はまずできません。

そのパソコン基本スキルは何かと言うと、エクセルとワードです。場合によってはパワーポイントや電子メールなど。

なので、事務職に就職したい!と考えている人が資格を考えるなら、マイクロソフト社が作ったエクセル、ワード、パワーポイント等のスキルを証明する資格であるMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格がお勧めです。

MOS資格を取るメリット

特に、事務職未経験だったり、仕事のブランクがあった場合、いくら「エクセル、ワード、パワーポイントできます!」と主張しても客観的な証明ができません。

でも、MOS資格があれば、パソコンスキルが最低限のあることを証明することができます。

それだけで就職が決まるといったものではありませんが、資格を取ることで客観的にスキルを証明できるので取る価値があります。

実際に、事務系就職を目指す大学新卒者なら大学から取得の指導もあるので、必ずと言っていいほどMOS資格を取得します。シングルマザーに限らず未経験で事務職就職を目指し何か資格を・・。と言うなら、MOS資格を取得してみるといいと思います。

簿記とMOS資格とるならどっち?とる順番は?

事務職系資格で人気なのは他にも簿記があります。

経理業務をやりたいからMOSよりも簿記を取ろうかなと思っている人もいるかもしれませんが、簿記よりもMOS資格(パソコンスキル)の方が優先順位が高いです。

大半の企業は会計管理も会計ソフトで行っているので、簿記ができなくてもパソコンスキルが最低限あれば、会計ソフトで経理業務はできちゃいます。

一方、事務職ならパソコンスキルは最低限必要なので、簿記資格があっても、パソコンスキルがない人は書類で弾かれます。

ただ、簿記を知っていると会計ソフトの操作を早く覚えられるというメリットはあるので、経理職を含む一般事務で就職を目指すのであれば、MOSを取りその後に簿記資格を検討するか、MOSと簿記の同時進行で資格を取ることを考える方が現実的だと思います。

MOS資格の難易度

MOS(一般レベル)は、最低限のワード、エクセル、パワーポイントなどの最低限のスキルがあることを証明する資格なので、さほど難易度は高くないです。

パソコンやワープロに触れたことがある人なら、独学でも十分合格は可能だと思います。

一方で、ワープロもパソコンも触れたことが無い、電源の入れ方も分からない!という場合は、独学だと分からないところを聞けないので、挫折の危険があり難しいと思います。

その場合は、通信教育などを利用する方が効率的です。通信教育なら最短一か月でMOS資格が取得できると謳うところもありますからね。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top