シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

働く両親とシンママが同居をしていても、児童扶養手当はもらえます。

シンママブログ管理人さなです。共働き夫婦二人だけでの子育ても大変ですが、シングルなら子育てはもっと大変。実家のお世話になれるのであれば、お世話になった方がいい。

でも、シンママが子ども達を連れて親と同居をしてしまうと、児童扶養手当がもらえないという心配があります。

327072

 

 

 

 

 

 

関連記事 祖父母が国民年金だけの受給者であれば、祖父母と同居でも児童扶養手当はもらえます。

世帯分離をしても、児童扶養手当はもらえない

住民票で世帯分離の手続きをすれば、児童扶養手当はもらえるんじゃないか?と思う人もいるかもしれませんが、児童扶養手当は、世帯分離をしても意味がありません。手続き損です。

なぜかというと、児童扶養手当では、別世帯かどうかは住民票で判断されるのではなく、完璧な2世帯住宅のような実態で判断されるからです。(たとえば、光熱費の請求が別にくる、玄関が2つとかなど)

でも、親と同居でも、親が働いていても児童扶養手当を受け取れることはあります。

シンママの親が働いていても、児童扶養手当を受給できる場合がある

シンママが実家に帰り、シンママの親が働いていても、児童扶養手当を受給できる場合とは、親が家族を沢山扶養している場合です。

実家住まいのシンママが児童扶養手当を貰えるかの判断は、ママの所得だけで判断しません。子供を養育する義務がある同居の親族の一人一人の所得も関係します。

つまり、所得の判断は家族全員の所得の合算ではありません。

児童扶養手当で判断される家族の所得とは

児童扶養手当の所得とは、年収から経費を引いたもので、一般に考えられている所得ではありません。
勤め人なら、源泉徴収の給与所得控除後の金額から、さらに該当する控除を引いたものです。家族のだれかの所得の金額が所得限度額以上になると、児童扶養手当は停止です。

 

児童扶養手当を支給するか判断する際に、給与所得控除後の金額から控除できるもの

  • 障害者控除 27万円
  • 特別障害者 40万円
  • 勤労学生   27万円 ママが学生。
  • 寡婦[夫]控除  27万円(※受給者が母[父]である場合は除く。たとえば、子供の祖父母が片親という場合です。)
  • 特例寡婦    35万円(※受給者が母[父]である場合は除く。たとえば、子供の祖母が片親という場合です。)

児童扶養手当の所得額の計算式

サラリーマンの場合
所得=(年間収入金額-給与所得控除)+(児童の父[母]からの養育費等金品の8割に相当する金額)  -80,000円(社会保険料として)-上記の《主な控除》 (引用サイト 大和市児童扶養手当の計算)

自営業の場合
所得=(年間収入金額-事業経費)+(児童の父[母]からの養育費等金品の8割に相当する金額)-80,000円(社会保険料として)-上記の《主な控除》-小規模企業共済等掛金

児童扶養手当は、国で決めているので、原則どこの自治体でも同じ条件、受給額です。

児童扶養手当の「控除」でよくある間違い

児童扶養手当の所得が税法で定める所得とは違います。間違い安い控除は以下です。

社会保険料控除

上記の計算式で一律で8万円差し引かれるので、改めて控除しません。

寡婦控除(特定の寡婦)35万円

親子2代で母子家庭(父子家庭)で、おばあちゃん(おじいちゃん)が育てている場合など。未婚シンママとの差がでるので、シンママでも児童扶養手当の所得では控除しません。

生命保険料控除や地震保険料控除

控除されません。

所得限度額以下になるのは、扶養家族が多い人

その所得限度額は、扶養人数が増えるほど高くなります。所得限度金額が高くなるということは、児童扶養手当をもらえる可能性が高まるってことです。

まぁ、そうですよね。所得120万円で家族3人を養っている人と、所得100万円で家族2人を養っている人では、家族3人を養っている人の方が経済的には苦しいですから。同じように所得だけで一律に判断するのは、ナンセンス。

ですから、家族で一番稼いでいる者に子供を扶養してもらうことで、児童扶養手当の受給の可能性が高まります。

〈児童扶養手当所得制限限度額表〉            (単位:円)

扶養親族等
の数
本人 配偶者・扶養義務者
孤児等の養育者
全部支給 一部支給
所得額 所得額 所得額
0 190,000 1,920,000 2,360,000
1 570,000 2,300,000 2,740,000
2 950,000 2,680,000 3,120,000
3 1,330,000 3,060,000 3,500,000
4 1,710,000 3,440,000 3,880,000
5 2,090,000 3,820,000 4,260,000

扶養している人の状況で限度額が上がります。

区分 加算額
〔受給者本人〕
特定扶養親族(19歳から22歳の扶養親族)及び16歳から18歳の扶養親族 1人につき15万円
老人控除対象配偶者
(70歳以上の対象配偶者)
1人につき10万円
老人扶養親族
(70歳以上の扶養親族)
〔扶養義務者等〕
老人扶養親族
(70歳以上の扶養親族)
1人につき6万円
※扶養親族がすべて70歳以上の場合は1人を除く。

 

働く親と同居のシンママが児童扶養手当をもらえるケース

たとえば、ママが子供二人を連れて離婚し実家に帰ったとします。

経済状況は、シンママはパート就労で103万円以下の収入。ようするに、所得38万円以下なので誰かの扶養になれます。

そして、ママの父親が年収400万円で、妻だけでなく母子(シンママとその子供たち)も父親の扶養にいれることで、児童扶養手当を受給できます。

(つまり、シンママの父親は年収400万円で妻と娘(シンママ)と孫2人の合計4人を扶養している場合)

具体的な計算をみてみましょう。

親が年収400万円で扶養人数なら、給与所得控除の金額は266万円(計算は国税庁サイトで計算)。給与所得控除後の金額は、400万-266万=134万円です。扶養人数4人の所得限度は、1,710,000円。134万円の所得なのでセーフです。

したがって、年収400万円で扶養人数が4人(妻、子、孫2人)なら児童扶養手当は支給Ok、シンママは年収も103万円以下なので満額支給です。

また、シンママがパートで年収150万円程度稼ぐことで父親の扶養から抜け、シンママの父親が妻と孫2人を扶養している(つまりシンママは扶養人数ゼロ人)の場合、シンママの所得が所得制限以上なので児童扶養手当は受給できません。

ここまで読んで、それじゃあ収入をセーブした方がいいと思うのは危険です。年収400万円ということは、手取りでだいたい23万円位ですので、それで扶養家族が4人いるのは非常に生活は苦しいと思います。

 

扶養にいれる手続きは、確定申告か年末調整

誰を扶養にいれるかどうかは、年末調整の際などに会社に申告しているはずです。年末調整後でしたら、ご自身で税務署に修正の確定申告をすることで、子供たちを家族の扶養にいれることができます。

離婚して実家に戻ったけれどどうも生活が苦しい!それでも児童扶養手当はもらえないという場合、だれがだれを扶養するのかが適切でない可能性があります。

さらに、児童扶養手当は、離婚した親を持つ子供を養育している親や扶養義務者に支払われるものです。受給者はシンママではなく、シンママの父親又は母親などでもOKです。ママが行方不明になった孫を育てている祖父母家庭も対象です。
児童扶養手当の計算や受給者を誰にするかについては、市役所に子育て支援課に、扶養に手続きについては、税務署に相談してみてください。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top