無料でパソコンを手に入れる!格安0円~3万円で買う方法

パソコン 流動費を削減する方法

シンママブログ管理人さなです。

パソコン、安くなりましたね。

この記事では、どんなパソコンを買ったらいいのか分からない私のような初心者さんが格安でパソコンを買う方法と、ゼロ円でパソコンを買う方法をシェアします。

スポンサーリンク
文章の途中でも、サイドバーを表示することで、いつでも目次を見ることができます。

ネット回線とセット購入ならパソコン代はゼロ円

一時期、スマホを買うとキャッシュバックキャンペーンとかありましたね。

それと同様に、ネット接続をパソコンショップ指定の業者で契約するとキャッシュバックされたり、パソコンがゼロ円~で手に入れることができます。

>>詳しくは外部サイト
auひかり申し込みで新品パソコンを最短1週間で1円進呈!を参照してください。

わたしも、Wi-Fiのキャンペーンでキャッシュバック4万円(当時)を頂いて、パソコンを買いました。

事務職に就職希望ならパソコンスキルは必須ですし、子どもが学校に入学するとパソコンが必要になることもあります。こういうキャンペーンで購入するとかなり家計が助かる。



スポンサーリンク

格安でパソコン購入したいなら有名家電メーカーは購入対象外

激安価格でパソコンを購入したいのであれば、家電メーカー系ではなくてパソコン専門ブランドから購入した方が安い傾向にあります。

分かりますよ、家電メーカー(たとえば東芝や富士通など)だと、何となく安心感ある。

だけど、パソコンは、どこのメーカーも世界中から作られ部品を寄せ集めて組み立てて、有名家電メーカーの名前で売っているだけなんです。

全てのパソコン部品を製造し、そしてパソコンの組み立てまでを自社工場で行っている企業はありません。

予算内ならいいと思うのですが、予算オーバーだったりムダにお金を使いたくないのであればムリをして日本メーカーのパソコンを買う必要はないと思うんです。

 

日本メーカーのパソコンが高い理由は、サポートがあることとソフト全部乗せ

では、なぜ家電量販店でよく見る日本の電機メーカーのパソコンは高いのかというと、キーボードのタッチの感触や本体のデザインにカラーバリエーションがあったり、モニターの画素数のレベルが高かったり、あらかじめ機能(ソフト)がインストールされているからです。

さらに、ネットに接続できなかったら電話でサポートしてくれるとか、パソコンにあらかじめ聞いたことのあるソフト(エクセルやワード、筆まめなど)も全部価格に反映されてます。

ソフトもサポートもタダじゃないのよ。

別にサポートやソフト全部のせが悪いわけではないんです。

特にワードやエクセルなどのソフトは使えるけど、パソコン機器そのものについての知識がないなら、電話サポートは必須です。

でも、必要のないものにまでお金を払わされていることに、納得できますか?

オフィス系ソフトは買わずに無料で済ますことができる

たとえば、エクセルやワードのようなオフィス系ソフトなら、無料でダウンロードできるオープンオフィスがあります。

オープンオフィスをダウンロードするには、ダウンロードサイトに行ってダウンロードボタンをクリックすれば、簡単にインストールできます。専門知識も不要です。

エクセルやワードで作ったデータも、オープンオフィスで開くことができ、操作画面もエクセルやワードとほぼ同じなので、エクセルやワードを使っているなら、簡単に使えます。

オープンオフィス ダウンロードサイトはこちら

簡単ですがそれでも、オープンオフィスをダウンロードできるか心配というなら、グーグルのオフィス系ソフト、グーグルドライブやマイクロソフトのクラウドサービスを使うと言う選択肢もあります。どちらも無料でアカウントを作ればすぐに使えます。

仕事を持ち帰って自宅でバリバリパソコンを使うのであれば、オフィス系ソフトを購入するのもアリでしょうが、月数回PTAの仕事でWordを使う程度ならオープンオフィスでいいでしょ。

スポンサーリンク

お勧め海外メーカーの格安パソコン

パソコンにいれるソフトは自分で選んだ方が安く手に入ることが分かったと思いますが、ソフトなどを選べるメーカーでどこのメーカーのパソコンを選べばいいのかと言うと、その基準は技術サポートが日本人が対応してくれるところです。

いくら安くても電話しても日本語がママらない人では、困ります。

私はレノボのパソコンとASUS(エイスース)の小型パソコン(ネットブック)を持っていますが、どちらも電話サポートは日本人が対応してくれます。

もしかしたら、レノボもエイスースも聞いたことがないかもしれません。でも、Lenovoは世界シェア2位ですし、ASUS(エイスース)も5位当たりをうろちょろしてます。

レノボもエイスースも世界企業なんです。

ちなみに、パソコン出荷高世界シェア
1位はHP(ヒューレッドパッカード)
2位Lenovo(レノボ)
3位Dell(デル)です。

次にスペックを検討しましょう。

スポンサーリンク

ネットサーフィン、ブログ書くのに十分なPCのスペック 私の場合

プログラミング書いたりしない、動画を作ったりしない。ただブログに文章を書くだけの私は海外メーカーのLenovoのシンクパッドを使っています。パソコンスペックはこちら。

  • CPU intel core i3 4000M
  • 実装メモリ(RAM) 4.00GB
  • システムの種類 64ビットオペレーティングシステム X64ベース
  • HDD 285GB
  • OS Windows8 (10はモニターが明るくなりすぎたり不都合がるのでアップデートせず。)
  • 14インチ (約A4ノートサイズ)

CPUは core i3 よりも数字が大きくなると高性能みたいです。
CPUのスペック表を載せておきます。

Intel(ノートパソコン)

  • Core i7・・コア2、コア4
  • Core i5・・コア2
  • Core i3・・コア2
  • Pentium B、P、U・・・コア2
  • Pentium 900番台・・・コア2
  • Pentium 2020M、2117U・・・コア2
  • Celeron Dual Core、Celeron B・・・コア2(コア1有り)
  • Pentium M・・・コア1
  • Pentium 4・・・コア1
  • Celeron、Celeron M・・・コア1
  • Core Solo・・・コア1

引用 CPUとは

intel core i3は上から3番目です。特に理由もなくcore3にしましたが、これはたぶんオーバースペックです。

今売っているパソコンでネットやブログすら書くのがままならないパソコンなんてだれも買わないので、どのCPUを選んでも問題なく使えます。

 

ちなみに、私のパソコンは、上記のスペックでパソコン本体は4万円代でした。それに電話サポートと保証を付けて8万円で購入してます。

今思えば、CPUをなるべく安くして、画面がきれいに映るのにすればよかったかも。ずっと画面を見ていると目がつかれるので。

スポンサーリンク

更なる格安パソコンが欲しいならネットブック

もっと安いパソコンはないのか・・・。と言う方にお勧めなのは、ネットブックです。

実は、今使っているレノボのパソコンを使う前は、ネットブックを使ってネットサーフィンをしたりブログを書いてました。

ネットブックとは、モバイル端末が出る前にから話題になった2万円~3万円程度で買える低スペックなノートパソコンです。

小さくてもパソコンですから、USBをいれるUSBポートがあり、マウスも問題なく使えます。

ただ、サイズがB5のノートサイズ位なので小さいく肩がこることと、画面があまりキレイではないという難点があるのでそこは注意です。

しかし、快適さよりも安さを選びたいのであればネットブックレベルで十分です。

スポンサーリンク

激安おすすめパソコンのまとめ

安さ優先でパソコンを選びたい人に機能性も高くお得なパソコンのメーカーを紹介します。
ネット回線の加入特典を使えばゼロ円になるような価格帯のパソコンが沢山あるので、見当してみてください。

  • 壊れにくいと評判のThinkPadなど高スペック低価格パソコンの代表的なブランドです。私のLenovo製のパソコンは購入して、はや5年経ちましたがまだ使っている。次に購入するパソコンもLThinkPadの予定。

>>Lenovo(レノボ)公式オンラインサイト

  • 必要最小限のカスタムパソコンを普及させたパソコンメーカー。中小企業でよく見かけるパソコンメーカーです。

>>DELL(デル)公式オンラインサイト

  • ネットブックで有名になったパソコンメーカー。デザインがカッコいい。

>>ASUS(エイスース)

コメント

  1. 匿名 より:

    今の時代なら中古のパソコンが激安です。参考までに。
    おそらく会社でリースで使われていたのが中古市場に
    出回っているんだと思いますが。
    PCジャングル
    http://www.pcjungle.jp/fs/usedpc/c/npc

    • sana1 より:

      中古パソコンはセキュリティーに関して不安があるので、パソコン音痴なわたしは選択肢にいれることができないのですが、詳しい人ならいいかもしれませんね。情報ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました