シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

子どもが不登校になった時に、解決のために母親ができること3つ

子どもが不登校になった時に、解決のために母親ができること3つ

こんにちは。さなです。2014年8月の文部科学省の発表によると、不登校の小中学生は12万人を超えたとの発表がありました。中学生のひとクラスに1人は学校に通えない子どもがいると計算できるそうです。子どもが不登校になることは、どこにでもある出来事です。

わが子も、長期間ではありませんが、学校に通えない日があったり、通えても保健室登校だったりしました。当時は不登校に関する情報をネットで集めまくっていました。その経験をもとに、不登校の子どもがもう一度学校に行けるようになるために、母親(父親)ができることをまとめてみました。わたしの経験が少しでも役に立ったら嬉しいです。

1、不登校になった原因を探さない

子どもが学校に行きたがらないと、なぜそんなことになったのかを探したくなるものですが、わたしは原因探しは不要だと思います。確かに、ある特定の子にいじめられたなどの場合は、その子とクラスを分けるなどの配慮によって、もう一度登校できるようになることもあります。

しかし、いくら子どもと話し合っても特定の原因が出てこないことや、そもそも排除できない原因だったりします。排除できない原因とは、クラス全員と会いたくない、勉強したくないなど、取り除くことができない原因のことです。

そのような不登校の原因を挙げられると、母親としては「わたしの育て方が悪かったのかしら?」と過剰に自分を責めてしまい、自分を責める母親を見て、子ども本人も学校に行けない自分を責めてしまうことになり、親子共々行き詰ってしまいます。

そもそも、不登校児を持つ親の望みは、また元気に学校に行くことだと思います。不登校の原因を見つけ出すことが目標ではありません。不登校の原因を探るのは、ほどほどに。

2、学校の先生や児童相談所と連帯をとる

子どもが学校に行きたくないと訴えたら、まず学校の先生にきちんと相談するのがおすすめです。母親の仕事が忙しく、学校の先生と連絡を取るのが難しい場合もありますが、電話でもいいので、子どもが不登校で困っていることを担任の先生に相談し、担任の先生経由で校長先生やスクールカウンセラー、児童相談所を紹介してもらうといいです。

わたしの経験談ですが、先生という職業についている方は、相談を受けることを嫌がらない人達だと思います。やはり相談するということは信頼の裏返しですから、先生を味方にするためにも、まず担任の先生を拠点に相談先を紹介してもらうのがいいかと思います。実際にわたしも、担任の先生、保健室の先生にはお世話になりました。

担任の先生以外の人とも連帯を取りたいなら、担任の先生に「校長先生はどう考えているのでしょうか?」などと話せば、校長先生に話を通してくれるはずです。

もちろん、先生も人間ですから、母親が望む対応をしてくれない場合もあります。そんな時は、なぜそのような対応を取るのか直接聞いてみるようにするといいです。一見、酷い対応に見えたとしても、先生の経験による裏打ちされた理由があるかも知れないからです。

3、母親の思いを行動で伝える

子どもが不登校になる原因は、いろいろですが、確かなことは、子どもは不登校になるほどに、不安を感じたり、葛藤を抱えています。不安を感じているのなら、親としては不安を取り除いてあげたいのですが、親が直接子どもの不安を、ゴミを取り除くように除いてあげることはできません。

でも、母親は子ども自身が不安を取り除くサポートをすることはできます。
我が家にとってそのサポートは、母親は子どもの味方であることを、言葉だけでなく態度で示すことでした。

子どもと一緒にお風呂に入りながら、じっくりとお風呂で子どもの話を聞くことを心がけました。時間にすると1日20分程度です。
または、食事の時はテレビを切って、子どもに今日の出来事を聞いたり、子どもに興味関心を持っていることを、態度で示しました。

仕事で子どもとじっくり話す時間がない場合もあるかと思います。わたしのワーキングマザーの友人は、一緒に料理を作って会話をするようにしていたそうです。

大人でも話を聞いてもらうことで、気持ちが落ち着いたりすることは良くあります。否定的な会話ではなく、受け止めてもらえるような会話には癒し効果があると思います。わたしの個人的な経験ではありますが、自分を受け入れてくれる人がいるという経験の積み重ねが、自信を作り不安を取り除ける子にするような気がしてなりません。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top