シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

シングルマザーでやっていくには?【10代の場合】

シンママブログ管理人さなです。女性は16歳で結婚できますから、10代のママはいて当たり前。ですから、10代でシングルマザーにがいるのも当たり前だと思います。

小さい子供を抱えながらの生活は想像以上に大変

さて、10代でシングルマザーでやっていくとなると、かなり大変です。なぜかというと、子どもが小さいから。10代のシンママの子どもが10歳とかありえないので、子どもは小さいですよね。

17歳、18歳で出産したなら、10代のシングルマザーの子どもは、1歳、2歳です。小学校入学前の子供は、何もできませんし、大人の手が必要です。

今までは、夫やその家族の手があったからできた育児も、離婚後はサポートが得られなければ、今までどおりの育児はできない可能性があります。

人によっては、子どもがパパかママかを選べるようになってから、と我慢する人もいます。別居で様子をみたり、離婚を早まらないでください。

それでも、離婚となった時のために、10代のシングルマザーが幸せになる方法を考えてみたいと思います。

お金を用意しよう。

まず、お金です。引越し費用、当面の生活費、多ければ多いほどいいですが、最低300万円。300万円の内訳は、引越し費用100万円、当面の生活費(1年分)190万円、弁護士費用その他です。そして、養育費は必ずもらうこと。

実家に戻れて実家のお世話になることができたり、スムーズに離婚することができれば、短期的にはお金はほとんど用意しなくても何とかなるかもしれませんが、子どもを育てるにはお金がかかります。

離婚後に確実に男性並みに稼げる職業に就く必要性は変わりません。

子どもの預け場所を確保

1、2歳の子どもを抱えながら働くためには、誰かに子どもを見てもらう必要があります。親でもいいし、保育所でもいいですが、公立の保育所や認可保育所の方が保育料に割引があります。まずは、公立系の保育所を探しましょう。

そして、子どもと離れるという選択肢も消さないでください。児童相談所に預けることもできます。

大阪で二人の子供を抱えた20代前半のシンママが、子ども二人を餓死させた事件がありました。そのシンママが子どもを手放すという選択肢を選ぶことができたらと思うと、可哀そうで仕方がありません。

子どもを育てられないことを非難する人がいますが、非難しているなら親が育てられない子を引き取って育ててほしいとわたしは思います。

子どもを育てられないと手放す方が、子どもを餓死させるよりよっぽどいい。

270068

 

 

 

 

 

一生勤める仕事を決める

子どもの預け先と同時進行で考えるべきなのは、次は仕事です。しかし、10代の女性が子どもを育てるほどのお金を稼ぐ職業は、限られています。ですから、実家に頼ることができるようなら、一生働くことのできる職業に就くにはどうしたらいいのかを考えましょう。

まだ10代なら国家資格がとれる専門学校にこれから進学しても、学校卒業後に十分働く期間があるのでトクです。ぜひ、進路を考えてみて下さい。

学校に通うシンママへ生活費の支援アリ

また、厚生労働省が、所定の資格習得のために、進学している母子家庭のママに対して、生活費を支援してくれる制度があります。(厚生労働省サイト 母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業

対象資格は自治体によって違いますが、 看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士等 があります。

また、シンママの学費の調達が難しい場合は、母子父子寡婦福祉資金貸付金を利用することができます。(社会福祉協議会 社会福祉資金について)借金になりますが、銀行で貸し付けされない人が利用できるものです。

今後、10代のあなたが子どもを養うためには、こういった福祉制度を利用して進学したり資格習得に励むのはお勧めです。

10代のシングルマザーは、40代以降のシングルマザーよりもトク

残念ながら、日本では年齢が低い方が就職に有利です。

30代半ば以降、専業主婦から資格を取って子どもを養えるほどの収入(400万円以上)をくれる会社に就職するのは、かなり限られるとわたしは思ってます。実務がなければ、30代、40代は中々就職が難しいです。

一方で、子どもが小学生になる頃、あなたはまだ20代後半です。そこから資格を取っても、進学しても遅くはないと思います。若ければ、実務には目をつむってもらえます。

実家などのサポートがあれば、今すぐこれから国家資格を取ったり、大学へ進学することもできます。実家のサポートがない場合は子どもが大きくなるまで、どこでもいいから働いて子どもが大きくなったら進学することもできます。

相当な覚悟、頑張りは必要ですが、10代のシングルマザーは八方ふさがりではないと思います。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top