シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

今住んでいる家賃を半額以下に減額してもらった。家賃減額交渉の話。

今住んでいる家賃を半額以下に減額してもらった。家賃減額交渉の話。

こんばんは、さなです。お金なしの金欠貧困状態から抜け出すには、収入を増やすこと、そして節約です。

特に家賃は金額も高額だし継続的に払うものだから、家賃が安くなると生活がとても楽になる。そこで、我が家は支出を減らすために家賃交渉をしてきました。

結果、家賃を半額以下にディスカウントしてもらうことに成功しました。

家賃を半額以下に減額してもらえました

なぜそこまでの金額をディスカウントしてもらえたのかというと、相場よりも賃料がだいぶ高かったからなんです。相場の家賃の結果、今までの賃料の半額以下になりました。

家賃って相場に合わせて家賃設定しなければいけない決まりはないので、相場より高い賃料を設定することは悪いことではありません。お互い納得していればいいので。

だから、我が家の家賃が相場よりもかなり高かったことは、借り手(我が家)の無知ですね。知らないって大変なことです。

そして、相場の賃料が安いのは、賃貸住宅の供給過剰の時代の流れによるものだと思ってます。賃貸住宅が余りつつあります。

ここでは、上手に家賃減額交渉をするために、気をつけたことなどをシェアします。

大家さんと円満に家賃減額を交渉する方法は誠実第一。

家賃の減額交渉は書面で行いました。やっぱり電話や相対だと緊張してしまうからです。ヘタレでゴメン。

そして、その書面を書くときに気をつけたのは『自分勝手な態度を出さない』ということと、人と人との交渉だという点を重視しました。一言で言えば誠実な態度かな。自分で言うのも変だけど。

誠実を態度で示すためにしたことは、家賃減額のお願いの文書は手書き。下手でも手書きにしました。

やっぱり、交渉といっても人との会話みたいなもんだと思う。お願いする手紙なのに、パソコンの手紙だと貰った相手の気持ちはどうでしょうね?

相手も、事務的な態度になってしまうんじゃないなかなぁと思います。だから、気持ちを伝えたくて手書きにしました。

具体的な手紙の内容は、正直に今までの家賃を払えない理由(ただし、相場よりも高い家賃だから払いたくないとは書かない)と、家賃を払えない理由は大家さんには関係ないこともしっかり書きました。実際問題、大家さんのせいで家賃を払えないわけではないですからね。

そして、賃貸住宅不動産サイトで近郊の家賃を調べてプリントアウトして手紙に同封しました。

家賃減額交渉の文例はこんな感じです。(イメージ文)

給料も減額してしまい、今のままでは更新できません。当然、私の給料の減額が家賃の引き下げの理由にはならないのは重々承知しております。ただ、近郊の家賃相場の程度にしていただくことはできないでしょうか。

家賃減額交渉の流れはこんな感じで、実際はもっと丁寧に自身の経済状況を説明するといいと思います。

やってはいけない家賃減額のお願いはコレ

いろいろと大家さんへの言い方はあると思いますが、「他の物件は、もっと安い」だとか、「設備が古いのに家賃据え置きはオカシイ」などと理詰めで交渉するのはなんだかなぁ。たぶん、そういう家賃減額交渉は上手く行かないと思います。

自分が大家さんならいい気持しないでしょ?無理に交渉すると、逆に大家さんに嫌われて、逆に退去してほしいと思われてしまいます。

気に入ている物件だから、住み続けたい。でも、お金が・・・。という気持ちが伝わるように交渉するといいと思います。

経済的な問題は他人に話すのは辛いかもしれません。だけど、固定費の削減は食費や流動費の節約と違って一度やれば、節約効果が持続します。
長期的にみれば手間がかかりません。相場からかけ離れたいるなら、頑張って交渉してみてください。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top