シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

母子家庭の家賃、いくらが適正?【ゆとりある生活のために】

こんにちは!シンママブログ管理人さなです。生活費の中で家賃って割合が多くなりがちです。また、住まいは、絶対に削れないものですが、適正な家賃がいくらなのかを見極めないと、生活が困窮します。そこで、母子家庭の適正家賃の割り出し方についてシェアします。

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

 

 

 

 

 

シンママでゆとりある生活のための適正家賃の計算式は、手取り月収×0.2(給料の2割以内)

かつては、適正家賃は給料の3割と言われていましたが、それは昔の話。今は、昔はなかった携帯代やネット接続代などの通信費があります。そして、それらは、ライフラインです。そう簡単になくすことはできませんよね。

だからその分、適正家賃は給料の2割です。もちろん、手取りです。手取り20万円なら、適正家賃は4万円に納めるのが理想。(適正家賃の計算式=月収×0.2)給料が20万円台ですと、適正家賃の住宅を探すのは、場所によってはかなり厳しいです。

ただし、クルマを持たなければ適正家賃を超えても大丈夫な場合も!

家賃相場は、住む地域の利便性に影響されます。そのため、家賃は高くても利便性のよい地域に住むのであれば、クルマを持つ必要がなくなります。クルマの維持費がなくなるので、その分家賃が少し適正家賃よりも高くても、さほどきつくないこともあります。

利便性といっても、東京のような大都会である必要はありません。たとえば、県庁所在地などは地方でも通勤手段さえクリアすれば、クルマがなくてもやっていけるところがあります。

わたしの住む地域も都会ではないですが、15分もあるけばスーパーが2件、病院も小児科だけでなく、内科も2件ほどあります。自転車で10分も走ればショッピングモールもあります。

そんな地域の家賃相場は、2LDKで5万円です。しかし、わたしは、外に勤めていないので、クルマを使うことがほとんどありません。そこで、クルマを処分すれば、クルマの維持費(月2万円程度)を家賃に回せるので、家賃が5万円程度でもやっていけます。

クルマを使わなければ、その分家賃の予算が増やせる

大都会でなくても、勤務先の近くや駅の近くに引っ越すことができたら、クルマはいらない場合もあるんです。特に、事務職の場合は、勤務先は郊外よりも中心地に集まっているので、クルマがいらなくなる可能性があります。

一方、郊外は大型店があるので販売職なら勤め先が郊外の可能性があります。その場合は、安い家賃+クルマの所有で月給の2割に抑えるようにするのが吉。

適正な家賃を考える場合は、家賃とクルマはセットで考えてみて下さい。

そして、今から就職する場合は、勤務先には公共機関での通勤ができる場所や自宅の近くを必ず当たってみること。上手くよい就職先が見つかれば、クルマを処分できるかもしれません。クルマがあるからいいやと、短絡的に安い家賃の地域に住むことはお勧めできません。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top