夫と共有のマンション不動産を円満に処分するには【離婚準備】

離婚するための準備として、共有財産の清算という作業があります。掃除機、ドライヤーなどの持ち運べるものは、夫の同意も得てサクッと持っていってしまえばOKです。

問題は、持って行けないその名の通り不動産!しかし、共有財産であるマンションや自宅や土地などの不動産も自分が所有する割合だけ、勝手に処分できます。ちなみに、勝手に持分を処分できるのは住宅ローンが完済していることが条件ですので、間違いないように。

スポンサーリンク
文章の途中でも、サイドバーを表示することで、いつでも目次を見ることができます。

離婚準備のために、不動産の売却相談は必須

そのため、離婚のために財産状況を調べる際に、土地や建物の共有持ち分がいくらになるのかは、必ずご自身で不動産屋に相場などを含めチェックしたほうがいいです。

 

フェアに共有持ち分の処分ができないからです。

 

たしかに、自分だけ得したいです・・・。
しかし、夫側も得したいと思っているはず。そのため、自分だけ得するようにあなたを誘導するかもしれません。「(相場より安く)俺が買い取る。」とかね。

 

しかし、プロの目が入れば、結局フェアな共有持分に落ち着くはずです。また、不動産屋が共有持分を買ってくれるので、売却後は夫と交渉をする必要がなくなります。

 

不動産「共有持分」の専門家による無料相談があるのでそれを利用しない手はありません。


>>不動産の共有持ち分以外の離婚準備は、『子持ちで貯金なしの専業主婦の離婚準備』も参照してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました