シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

HTMLから変更したWordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

ハマって大変だったhtmlサイト(シリウス)をWordpressに変更する作業から1年ちょっと。

次は、元シリウスサイトだったWordpressブログのSSL化をしました。今回もハマったわ。それでも1日で解決。パチパチ。

この記事は、元HTMLサイトだったWordpressをSSL化した方法を備忘録的に書いておきます。

前提は

SSL化の主な手順

基本的な手順はこちらです。

  1. 事前にデータベースのバックアップをとる
  2. エックスサーバーでSSL設定を行う
  3. WordPressの設定からURLを変更する
  4. 内部リンクをSearch Regexで全て置換する
  5. .htaccessにリダイレクト用のコードを追記する
  6. SSLエラーのチェック方法
  7. テーマなどの設定を見直す
  8. その他サービス・ツールの設定の変更など
  9. SNSのシェアカウントを引き継ぐ

引用 WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

データベースのバックアップを行う

この作業に限らず、何か大きな作業をする時は、バックアップは必須です。

バックアッププラグインを入れてないようでしたら、入れて下さい。私はBackWPupを使用しました。

BackWPupならバックアップがワンクリックで済むし、沢山の人が利用しているので困った時には、ネットで検索すれば解決策が見つかるのでおすすめ。

エックスサーバーのSSL設定を行う。

エックスサーバーの場合は、インフォパネルにログイン⇒サーバーパネルにログイン⇒ドメインの「SSL化設定」をクリックし、該当のURLで設定します。

ご自身の契約しているサーバーに応じたやり方になるので、「サーバー会社 SSL化」で検索して対応してください。

WordPressの設定からURLを変更する

サーバーのSSL化までは順調に行くと思います。

次がちょっと問題。

まず、SSL化の設定がサーバー側で終わりになるまで、Wordpressはいじらないことです。

サーバーのSSL化が終わる前にWordpressをいじるとWordpressにアクセスできなくなります。

サーバーでSSL化が終了した後、Wordpressにログイン、ダッシュボード⇒設定でWordpressアドレスとサイトアドレスを変更します。

変更箇所は、WordPressアドレスとサイトアドレスの両方で、httpをhttpsに変更します。

各ドメインの任意の文字列以降は変更しません。

シリウスなどhtmlサイトをWordpressに移行した場合、Wordpressアドレスがhttp//〇〇.xyz/wp、と末尾が「wp」となっていることもあると思いますが、末尾もそのままでOKです。

このブログだったらsinglemother以降は変更しないってことです。

httpをhttpsに変えるだけでなく、他の変更を加えるとWordPressにログインできなくなることがあるので要注意。

redirectionを使っている場合は、リダイレクト設定をする

ここまで、正しくやってたのに問題が発生しました。

なぜかトップページだけが、リダイレクトのループが起こって、トップページにアクセスすると「ページの自動転送設定が正しくありません」と表示されてしまいました。

表示からリダイレクトが上手く行ってないことは分かったので、htmlサイトをWordpressに移行する時に、これまでの各記事の評価を引き継ぐために「301」処理に使用したプラグインであるredirectionで修正しました。

サーバーのファイルの修正でも直るそうですが、プラグインの方が簡単なのでredirectionをいじったら無限ループが解決したのでシェア。

 

redirectionでの無限ループの処理の仕方は

  • 元に入力するURLは「設定」でhttpsに変更済みのWordpressアドレスにします。私の場合は「https~/wp」です。
  • 移行先に入力するURLは、同じく「設定」でhttpsに変更済みのサイトアドレスです。私の場合は、「https~xyz」

サーバーファイルの修正で無限ループを直したい場合は、こちらの記事が参考になるかも。

解決事例】WordPressのサイトをSSLに変更したところリダイレクトループとなってしまった

内部リンクをSearch Regexで全て置換する

次は、記事本文に貼ってある記事リンクや画像リンクもhttpからhttpsに変更する必要があります。

メンドクサイのですが、ブログ内の全てのリンクがhttpsになってないと、SSL化をしたと判断してくれないからです。

なので、そんな時はプラグインということで、Search Regexを使用して置き換えます。
新規プラグインで「Search Regex」を追加⇒有効化して、ツールからSearch Regexの設定を行います。

記事本文本文にある自分の記事urlや画像URLなど全てのURLをhttpsに置き換え(変更)しました。

Search Regexの詳しいやり方はこちらの記事が参考になります。

【常時SSL化】「Search Regex」画像URLを「http→https」に一括置換する方法【WordPressプラグイン】

ただ、漏れなく全てhttpsに置き換えたつもりでも、なぜかSSL化できない時があります。それは記事の中にhttpとhttpsのリンクが併存しているからで、その状態を混合コンテンツといいます。

 

混合コンテンツ!SSLエラーのチェック法

httpsのリンク内にhttpリンクがあると混合コンテンツとしてエラーがでます。

その場合は、該当ぺージを右クリックして、又はパソコンによっては「F12」を押し「要素を調査」⇒「コンソール」をクリックすると、httpのまま放置されているリンクが分かります。

サイト内全ての記事の中でhttpsになってないリンクの一覧は出ませんが、各ページでhttpのままのリンクが分かるのでそれを参考にすればSearch Regexから漏れてしまったリンクが分かるので、修正をしていきます。

修正が漏れなく終われば、全てのページが緑のカギマークが出てSSL化が完了です。次は併存しているhttpサイトをhttpsにリダイレクトする作業で終わります。

・htaccessにリダイレクト用のコードを追記する

個人的にこの.htaccessファイルの修正でてこずりました。ハマった点は、編集する.htaccessファイルを間違えたんです。

シリウスサイトから移行したので、訳が分からなくなってしまったのですが、移行したサイトであっても、初めからWordpressで運用しているドメインでも編集する.htaccessファイルは同じです。

場所は、

/home/サーバID/ドメイン/public_html

の中にある.htaccessファイルです。

WordPressの情報が入っているホルダー(私の場合はWPホルダー)にある.htaccessファイルではありません。publichtmlの中の.htaccessファイルです。

そのファイルの先頭に以下のコードを貼りつけます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

既にhtmlサイトの移行をした人はご存知だと思いますが、.htaccessファイルはとっても重要なファイルなので、コピーをとって、必ずエディタで開くこと。(私はコピーを取ってエックスサーバーのファイルパネルから編集したけどね。自己責任で。)

一連の詳しい作業、プラグインの使い方は、 WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)が参考になります。

きちんと.htaccessファイルが編集できていれば、httpのサイトにアクセスしてhttpsにリダイレクトされます。これでSSL化は終了です。

あとは、サーチコンソルやアナリティクスの設定や登録をしなおします。

こちらのサイトの記事が詳しいです。助かりました!
サイトのHTTPS化で必要となるGoogleサーチコンソールの再登録方法

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top