シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

シンママ保育士でも働きやすい職場の見つけ方。残業ナシ、ボーナスありの職場を見つけよう

シンママブログ管理人さなです。私は、30代後半の女性が離婚後に保育士資格を取ることは、お勧めしないんですが、現在保育士資格を持っているのであれば、保育士資格を生かさない手はないと思ってます。

幸いにも、都市部では保育所が増えていて保育士の求人が沢山あるので、保育士さんにとって好条件の求人も増えてきました

今、ちょうど求人のピークとのことなので、行動するなら今じゃないのかなぁと思ってます。

そこで、保育士の友人にちょっとインタビュー。シンママ保育士ワーママ保育士でも働きやすい職場の見つけ方を聞いていてみたので、まとめてみました。

シンママ保育士の働きやすい職場の見つけ方その1 社会福祉法人にこだわる

社会福祉法人って何のこと?と思うかもしれませんが、社会福祉法人や株式会社などの法人とは、法律によって「人間扱い」された組織のことです。

そのうちの社会福祉法人とは、社会福祉事業を行うことを目的として設立された法人です。株式会社と違って儲けを代表者などが山分けできない代わりに、利益が非課税であったりするなどメリットがあります。

その反面、設立のための要件は厳しく、設立時に最低6名以上の理事と2名以上の監事が必要ですし、また、県に決算書の報告の義務があります。

簡単にいうと、社会福祉法人は、株式会社に比べて設立がメンドクサイし、設立後も監査などがあってメンドクサイです。また、利益を設立に関わった人が山分けできないので、事業が拡大しても旨みが少ないとも言えます。

なので、代表者などが利益を懐に入れたい、儲けたいのであれば、株式会社で保育事業を行うことになりますが、そもそも保育所事業は、ビジネスという観点から考えると経費のほとんどが人件費であるため、儲けが少ないビジネスです。

そういう事情から保育所を集客装置と考え、運営する保育所に通う子供達や預けている働くママ向けのサービスを提供するなどの方法で儲けを出すというやり方をしている株式会社も聞いたことがあります。

その一方で、今は待機児童が沢山いてニーズがあるということで、設立が簡単な株式会社をちゃっちゃと設立して保育事業に参入して、単純に人件費を抑制して儲けるという経営のやり方をしている株式会社もあると聞きますが、人件費抑制ってことは、保育士の給料が安い=労働環境が悪いってことです。

保育士として勤めるのはどうなんだろう?と疑問を感じます。

もちろん、株式会社が運営している全ての保育所の労働環境が悪いと断言することはできませんし、株式会社が運営する保育所で上手く行っている保育所もあるとは思います。

しかし、儲けが少ないのに参入するというのはどういうことなのか??どう利益を上げているのか?どこにしわ寄せが行くのか?じっくり考える必要があると思います。

保育所の運営実績のある社会福祉法人の求人を先に見て、そのあと株式会社の運営する保育所の求人を検討するという順番の方が効率的じゃないかなと思います。

シンママ保育士の働きやすい職場の見つけ方その2 保育所を偵察

履歴書の送付先として目星の保育所を見つけたら、見学しましょう。見学が難しかったら朝晩の親が迎えにいく時間を見計らって、保育所に行ってみるといいと思います。

親の雰囲気って保育所の雰囲気とリンクすると思うんですよね。

また、地域によりますが、市役所で保育所の離職状況や保育状況について教えてくれる場合もあります。保育所の労働環境に関してダメ元で問い合わせてみるといいと思います。

シンママ保育士の働きやすい職場の見つけ方その3 新規の保育所保育園にこだわる

なぜシンママ保育士さんの働きやすい職場を見つけるために、新規の保育所、保育園にこだわって求人を探すのが、お勧めなのかというと、労働環境が良くなることの一つに人手不足と職場の人間関係の良さがあげられるからです。

その点、これから開所される保育所保育園は、開園前に保育士を集めなければいけないので求人に積極的です。また、新規開園の保育所は、長く勤めている人がいないので、人間関係が築きやすいというメリットがあります。

もしかしたら、古くからある保育園と違って事前に保育所の様子をこっそり見ることはできないので、新規の保育園を就職希望先から外してしまう人もいるかもしれませんが、働きやすい職場を求めるのであれば、新規の保育所保育園も外せないと思います。

シンママ保育士の働きやすい職場の見つけ方その4 転職支援会社を利用する

転職支援会社(転職エージェント)とは、転職就職したい保育士さんと、保育士を雇いたい保育所をマッチング(お見合い)してくれる会社です。今の時代、転職エージェントを利用しないで求職転職するのは、あり得ないと思っているのですが、保育士も同様です。

『保育士資格を取ったけど、ハローワークに行く時間がない・・・。』、『今の保育所から好条件、高待遇の保育所保育園に転職したい。でも、なかなか転職先が見つからない・・・・』といった状況なら、転職支援会社に登録することでスピーディーに就職が決まります。

なぜスピーディーに転職が決まるのかと言うと、転職支援会社の場合は、転職コンサルタントが転職希望の方から転職要望などを聞いて、それにあった職場を電話で提案してくれるからです。

その中でも好条件、高待遇の保育士求人を積極的に提案している転職支援会社を紹介しておきます。

ちなみに、未経験とは保育士資格を取ったまま、保育所に勤務した経験がない人のことです。国の定めにより、保育士の資格がないと保育の仕事はできませんので注意してください。

保育ひろば

保育ひろば
JobMedley




保育士転職ならFINE!




マイナビ保育




これらの転職支援会社(転職エージェント)は、保育士に特化していて、保育士ならではの転職理由にも丁寧に電話対応してくれると定評のあるところをチョイスしました。

電話対応だと煩わしいと思うかもしれませんが、本気で転職したいのであれば、在職中からスピーディーに転職活動ができるのでメリットです。このような転職支援会社を利用すれば、忙しくて転職できないというのは、過去の話になりえます。

保育士資格を生かして生活を軌道に乗せられるかどうかは、あなたの行動力しだいかもしれませんね。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top