シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

住宅ローン金利が下落中!シンママがマイホーム購入の前に考えるべき3つのこと

シンママブログ管理人さなです。日銀の施策によって住宅ローン金利が下がっています。

ということは、単純に考えて、マンションや戸建て住宅買いやすくなるってことです。
シングルマザーの方でも、公務員や大手企業に勤めているシンママ、担保があるシンママは、住宅ローンを組めるので住宅購入が視野に入っているでしょう。

いいなー。羨ましい。さて、住宅ローンを組もうかどうか迷っているときに、様々な立場の人からアドバイスをもらうと思います。その中でよく言われるウソがあるのでまとめてみました。

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

 

 

 

 

「賃貸の家賃を払うのはムダ」はウソ

よくマンション販売員などのセールストークで、「家賃を払うのはムダですよ。だって同じ金額で住宅ローン組めますよ?ローンが完済したら住宅はお客様のものですよ♪」と言われますし、マイホーム購入者も同じこといいます。

わたしは、「賃貸の家賃を払うのはムダ」説は、間違いだと思います。

家賃はムダだという人に、「それなら、食べることもムダなの?」と聞いていみたい。わたし達は食材を買って、調理して食べますが、それによって生きることができてます。

手元に食材が残らないからといって、食材を買うことはムダだと思うという人はいません。
住宅も同様です。住宅があるから、外で凍死したり暑くて干からびて死ぬことなく、暮らせます。

住宅は手元にあるから価値があるのではなく、生きるために必要だから価値があるんです。「賃貸の家賃を払うのはムダ」説を支持する姿勢が揺らぎ始めたら、もう一度持ち家について考えた方がいいかもしれません。

「借金は住宅であるならば、してもよい」のウソ

住宅はローンで買う人が大半ですが、住宅ローンも借金です。住宅ローンを組むのも、消費者金融で借金するのも、借金でることには、変わりません。

消費者金融に100万円払うのは、躊躇するのに、住宅ローンなら2000万円背負い込んでもいいと思うというのは、ムリがあります。

そういうと、「いやいや、住宅は資産だから~」という人もいますが、本当に資産ですか?

ローン完済した後に、不動産の評価額が購入時よりも下がっていたら、それは資産ではないです。消費。

住宅ローンも、返済計画がしっかり実現可能でなければ、破たんします。

「団体信用保険があるから、万が一のために住宅ローンを組むといいです」のウソ

団体信用保険とは、借主に万が一のことがあったときに、残りのローンを保険で払うというものです。そして、その保険料を負担するのは、ローンを借りる人です。あなたです。

そうであるなら、普通に掛け捨て保険をかけておく方が、リスクを取って家を購入するよりも気持ちがラクです。3000万円の生命保険費用は、男女による差もありますが、掛け捨て30年300万円ほどの支払いです。

そもそも、借主が亡くなったら家が残るのは、団体信用保険に入って保険料を負担しているからです。ですから、普通の掛け捨て保険と本質的には同じです。

しかも、「cash is king」です。「お金は王様」⇒「お金が一番重要」「お金が一番力がある」。ママが万が一の時に、残すべきは、家よりもお金です。お金があれば、そのお金でどうにでもなると思います。

子どもに残すお金がないのであれば、マイホームをローンを組んで購入するよりも、掛け捨ての生命保険をかけておけば事足ります。

「賃貸物件は設備のグレードが落ちる」のウソ

最近の賃貸物件の設備グレードは上がっています。実際に、わたしが地元の不動産屋さんを回ってみてみると、8年前に引越しを考えて賃貸物件めぐりをした時とは、格段に設備が良くなった賃貸住宅がたくさんありました。

8年前はプロパンの賃貸住宅しかなかったのに、今は都市ガスの物件も賃貸市場にでてました。しかも、設備は我が家の築30年近い一戸建てよりも、各段にいい設備です。

なぜ賃貸物件のグレードが上がっているのかというと、今大手建設会社が「相続税対策に賃貸住宅つくろうぜ!」キャンペーンを張っているからです。鵜呑みにしてしまった人がたくさんいて、わたしが住む地域ではバンバン賃貸住宅できてます。

そうすればおのずと、他の賃貸物件に負けないように、どんどん賃貸住宅の設備のグレードもアップします。正直、我が家の築30年近い一戸建てから引っ越したいです。

「老人に家を貸す人はいない」のウソ

賃貸住宅に住めなくて困る老人はいなくなると思ってます。なぜかとういと、人口が減少しているからです。さらに、今の地方の空き家問題は深刻です。たしかに、現状ではまだまだ、大家さんも老人には家を貸したがらないということもあります。

しかし、先ほど言ったように、今大手建設会社が行っている「相続税対策に賃貸住宅つくろうぜ!」キャンペーンのお蔭で、賃貸物件がたくさん賃貸市場で溢れています。人口が減少をつづければ、借り手の総数は減る一方です。それでも、今後わたし達が老人になる頃に、老人には貸さないと言い切れる大家さんはどれほどいるでしょうか?

実際、需要と供給の関係で賃貸物件が余っている地域などでは、保証金を積んだり、保証人に子どもを立てることで、老人でも賃貸に住んでいる人は今もたくさんいます。

それでも、老後の住宅確保が心配なら、自分が死ぬまで住みつぶす目的で中古マンションを一括で買うという選択肢があります。

住宅ローンを組んでのマイホームはもはや趣味だと思う

35年にもなる長期ローンを組むことで、持ち家の損得問題は、切っても切れない関係にあります。しかし、人口減少問題、賃貸マンションの機能の充実、不安定な雇用問題が絡み合い、住宅ローン組んでのマイホームは損得で語ると購入はナシが大半だと思います。

なぜかとういと、地価が今のところ安定しているところは、都市部だけですし、その都市部は地価が高いです。そして、人口減少の中、ローン完済後(35年後)も地価が高いところを見立てるのは、それなりの勉強が必要だからです。

しかし、それでも、マイホームがほしいというのは全然おかしくないと思います。趣味だからです。クルマにお金がつぎ込む、ゴルフにお金をつぎ込む、旅行にお金をつぎ込む、それらと同じです。個人の自由です。他人がとやかく言うべきものではないと思います。

しかし、自分では趣味の自覚なくマイホームのローンを返しているのであれば、悲惨です。「なんとなく家がないと不安」といった、「なんとなく~」なら、一度なぜ家がほしいのか考えた方がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top