シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

児童扶養手当の増額は、来年8月からです。

昨今の子どもの貧困問題のクローズアップのお蔭で、児童扶養手当が36年ぶりに引き上げとなりました。2016年の8月より、児童扶養手当は2人目が最大1万円。3人目6千円。と倍額です!子ども1人家庭は残念、据え置きです。

 児童扶養手当は 来年8月分(12月支給)から支給額を引き上げる。現在、2人目の子ども分として月5千円、3人目以降は月3千円ずつ一律に支給されているが、所得に応じ て最大で倍額を支給する。2人目は年収171万7千円未満であれば1万円、3人目以降は227万1千円未満であれば6千円を支給する。1人目の支給額は最 大月4万2千円のまま据え置く

(引用 朝日新聞デジタル 児童扶養手当8月から増額

児童扶養手当の増額は、正直助かります。

「ひとり親家庭です。貧困ですが何か?」とは言えない

この児童扶養手当の増額が叶ったのは、様々な社会的地位のある方やマスコミが母子家庭(父子家庭も)の経済状況、貧困状況を声を政治の場に伝えてくれたお蔭でもあると思います。

しかし、その「キャンペーン」の中で「ひとり親も子どもたちも、自分が貧困だと思われたくない」という当事者の声もありました。なぜ自分が貧困だといえないのか?をお話する前に、貧困とはなにか?貧困の定義を話します。

270068

 

 

 

 

 

貧困とはなにか?

貧困には定義があります。マスコミなどで言われる貧困とは相対的貧困です。相対的貧困とは、所得の中央値の半分以下の所得しかない世帯のことです。

日本の場合、所得の中央値は250万円です。所得は年収ではありません。中央値の年収は300万円台後半から400万円台前半だと思われます。なので、ざっくり年収200万円以下だと、貧困世帯です。

そして、年収200万円以下の中でも、生活苦にはグラデーションがあります。

貧困家庭の中でも、給料日前になると夜ご飯が出ない家庭もあれば、夕ご飯は出るけど、長い間母親の服は購入してない家庭、子どもは高校進学はさせることはできるが、大学進学はさせられない家庭・・・・。

さらに、貧しさは、子どもの人数にも影響します。

貧しすぎると、貧しいと言えない

わたしの場合は、自分なりに自分のしたいこと、できることを探りまくった結果、今の仕事を見つけることができ、実際にその仕事で生計を立てることができました。そのため、相対的貧困からギリギリ抜け出すことができました。またさらに所得を増やすように仕組み作りをしています。

しかし、そんなわたしも離婚後パートだったころは、給料が手取り10万円足らずで、パートでしたから給料があがる可能性が望めない状況の中で、養育費や児童扶養手当の持ち出しが多く、気持ちが何とも言い表わせられない状態でした。

そんな状態のとき、「貧困です!」って言えません。

自分のジュース1本も買えない時の背中がぞわぞわするような心理状態は、その立場になった人にしか分からないんじゃないかなぁ・・・。必要なものも買えない、将来の希望もないような状態だと、逆に「自分は貧困です。」って言いにくいんです。

どこで誰に自分は貧困だと言うのかにもよりますが、なぜ自分は貧困だと言えないのかというと、辛すぎて貧困に向き合いたくないまた、離婚を自ら選んだという負い目もあると思います。

今、離婚自己責任論が出たら「離婚せずに自殺でもしたらよかったんでしょうかね?子どもを殺して・・・」って言えるんですけど。困っていて、まともに物事を考えられない状況では・・・・。

貧困と貧乏は違う。貧乏家庭でも幸せはあるが、貧困家庭に幸せはない

貧困と貧乏って違うと思うんです。貧困は時のごとく「貧しくて困っている状態」。貧乏家庭には希望があり、笑える余裕があります。戦後の日本も貧しかったけど、希望があったはずです。だから、「貧しくても幸せだった」なんて老人がほざく。

貧困家庭には、笑っている暇なんてありません。笑う暇あれば、銭稼がんと。

なに不自由なく暮らしている人は、貧困と聞いても「お金が全てじゃないし、貧乏でも笑って暮らせるよ。」っていうかもしれません。

だけど、「笑って暮らせる貧しさ」は「貧困」ではなく、「貧乏」です。貧困とは言いません。

貧困は、お金が全て。貧困家庭が抱えている悩みは、お金で解決できる悩みしかないです。明日食べる食事がない状況、生活するために進学できない状況では、お金がなくても笑って暮らせるなんて言えないと思います。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top