シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

養育費を払ってもらえない!自力で養育費を回収する方法

養育費を払ってもらえない!自力で養育費を回収する方法

こんにちは、さなです。離婚した当時は、養育費を払うと約束してくれたのに、支払から5年、10年経つうちに養育費の支払いが滞ってきた、支払が停止されたというケースもあります。なにせ、養育費を支払い続ける人は2割程度という発表もありますからね・・・。

強制執行以外の方法で自力で養育費を回収するには

いきなり強制執行しなくても、養育費の支払いを再開してもらえる場合があります。わたしの場合は闇金業者の督促のやり口が参考になりました・・・。

借金している人は取り立てが厳しいところから、返済していく

闇金業者のルポを読んだところによると、「借金している人は取り立てが厳しいところから、返済していく」そうです。

これは、まぁ、そうですよね。もともと手持ちのお金は限られる中、支払わなくても何も言ってこない人には返済しなくなるのもうなずけます。だから、養育費を払ってほしければ、必ず取り立てることです。

請求したのに養育費を払わないなら、次に相談するのは元夫の家族です。

わたしの体験ですと、養育費を払うように元夫にメールでも電話でもいいので、養育費の請求しました。それでも、養育費を支払わなかったので、元夫の家族に「相談」しました。養育費の請求じゃなくて、『相談』です。

もともと、養育費は子どもの父親である元夫の債務(支払わなければならないお金。借金。)です。だから、元夫の家族に元夫と取り決めた養育費を請求することはできません。言われた祖父母も、いくら自分の息子のしでかしたことでも、いきなり「養育費を払え」と言われれば、反発したくもなります。

なので、最初は穏やかに元夫の家族へ『相談』が効果的でした。わたしの場合は、養育費が滞ってすぐに支払って貰えてないことを、元姑に一回だけ相談しました。その後、その話が元夫へと伝わりそれから支払いの滞りはありません。

1回の祖父母への相談で養育費を支払ってもらえればそれでいいんですが、支払って貰えない場合、何度も何度も、『相談』するつもりでした。元夫に祖父母がいないなら、兄弟姉妹、親友、場合によっては上司など、キーパーソンに『相談』です。

もちろん、元夫の両親(祖父母)が養育費の保証人になっていた場合は、話は別になると思います。その場合は、祖父母に正当に養育費を請求できます。

それでも養育費を支払って貰えない場合に、強制執行の手続きを自分でする

大抵は周囲の人へと連絡がいくと、返済してくれるようですが、元夫の周囲の人に『相談』しても、ラチがあかないようなら、その時に強制執行の出番です。預貯金や給料の差し押さえです。

強制執行の手続きは自分でできます。強制執行の手続きについては、ベリーベスト法律事務所のサイトで詳しく解説してます。(自分で強制執行をして養育費を回収するために知っておくべき8つのこと ベリーベスト法律事務所)参考にしてみてください。

強制執行は裁判所で所定の手続きをする必要もありますし、強制執行をきっかけに会社を辞めてしまう元夫もいます(弁護士談)。まずは穏やかなやり方で養育費を請求し、しつこく周囲の人に『相談』してみるのも悪くないと思います。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top