シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

私立高校の入学金・制服代・諸経費が40万!月謝は3万6千円!払えない。さぁ困ったどうする。

シンママブログ管理人さなです。私立高校の入学手続きが始まりました。

私立高校に入学予定の我が子の元にも、合格通知と共に入学金や教科書、制服代などの内訳が書かれたリストが届きました。

こんなにかかる!私立高校の入学金諸経費40万円!

我が子が入学する私立高校は、関東の地方都市にある一般的な私立高校で、都内ではなくお嬢様学校でもありません。フツーの子が通う私立高校です。参考にしてください。

私立高校に入学するのに必要な金額 合計40万円

  • 入学金・施設費(入学金12万・施設費10万) 22万円
  • 入学諸経費 約18万円

入学諸経費内訳

  • 教科書代約10,000円、辞書代30,000円
  • 体育着ウインドブレイカー約30,000円、
  • 靴類(上履き・体育館シューズ・下足)16,000円、
  • 制服代(夏冬)70,000円、
  • その他小物類 4,000円
  • 同窓会費など(3年間)約20,000円

この他指定のコート代(金額未確認)が加わります。

ちなみに、公立高校の場合は、入学金・諸経費(制服代など含む)は、だいたい20万円程度だそうです。
公立高校と私立高校で金額に差がでるのは、入学金・設備費と制服代です。教科書代や体育着などはあまり価格差がないようです。

諭吉様が羽を付けて飛んでいきます~

新設校でないなら、高校の制服もリサイクルショップなどで売られています。そちらで格安で手に入れるというのもあり。

私立高校の奨学生でも授業料は先払いで、奨学金などの差額は後日受け取りです

お嬢様でもない関東地方都市の私立高校の学費ですが、授業料他PTA会費旅行積み立てなど全て含まれて、月額約36,000円です!

我が子は特待生なので、入学金が免除の他、学校からの奨学金と国の支援もあって、修学旅行代を含めて自己負担なしで私立高校に通うことになってますが、授業料は満額を先払いなんです。
で、その後払い戻しがあるんですよね。

全ての私立高校がそのようなやり方なのではなくて、月額の学費の支払いの仕方は私立高校によって違うようですが、我が子が入学予定の私立高校は、全家庭が所得に関わらず正規の授業料を満額支払ってから、国の支援金による補てん分と学校独自の奨学金の計算をして、余りを返金という形を取るそうです。

学校によって清算の仕方が違うようなので、気になる方は学校に問い合わせをおすすめします。

いつ返金されるかなども高校によって違っていて、年末という話も聞きます。問い合わせが必要ですね。

私立高校の学費が支払えない時

高校の学費支援の対象者なのに月約36,000円の授業料の支払いって、インパクトのある金額です。資金繰りは大丈夫だろうか・・・。

学校から学費が返金されることは分かっているのですが、なんとなく貯金専用の口座からは引き出したくないなぁ。まぁ、児童扶養手当が4月に入りますから、それを確保しておけば大丈夫かな。

また、よくよく支払えないのであれば、親兄弟に頼むこともできます。それで、返金されたら返すと。

預金もないし、親戚も頼れないのであれば、市町村が行っている生活福祉資金貸付制度があります。
この制度は母子家庭などで経済的に困っている人にお金を貸してくれる制度です。

この制度は、無利子なので非常に魅力的だと思います。

ただし、この生活福祉資金貸付制度は、融資までに民選委員との面談や各種書類の提出など手間がかかってしまうので、授業料の引き落としに間に合わない場合もあります。余裕をもって役所福祉課に相談にいってください。

生活福祉資金貸付制度では高校授業料の支払いに間に合わない時は、カードローンも検討の余地があると思います。

学校からの授業料の返金はタイムラグがありますが、支援金の対象者で毎月満額の授業料を支払っているのであれば必ず学校から返金分があるので、黒字の家計だったらカードローンを上手く利用することができます。

そして、来年度は市町村などがやっている奨学金(返済型)や申し込みを検討したり、民間の財団などが実施している奨学金がないか探しておきましょう。

私立高校の授業料の支払いに使い勝手のよいカードローンの見分け方

 

  • 即日融資が可能な会社
  • 借入、返済の時に手数料がかからない会社
  • 一括返済ができる会社
  • 自宅近所に返済ATMがある会社

一番押さえてたいのは、早く貸してくれるところですよね。私立高校への入金には期限がありますし、即日融資でなければ、無利子の生活福祉資金貸付制度の方が魅力的です。同様に出金や返済できるATMが自宅近くにある方が便利です。

また、返済する時に金利以外の手数料がかかるところも、ちょっと敬遠したい。

さらに、一括返済できず、期限まで返済できないとなると利子が膨らんでしまいますので、そういうローン会社はあまりお勧めできません。

オリックス銀行

 

 

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top