シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

母子家庭の子どもの大学進学費用は、いつまでにいくら必要なのか?

母子家庭の子どもの大学進学費用は、いつまでにいくら必要なのか?

シングルマザーのさなです。子どもの将来を考え、大学に進学させたいというのは親心だと思います。仮にシンママ家庭で我慢ばかりさせていたから、進学は自由にって考えもあるかと思います。

我が家も、日々の洋服代やし好品を満足にしてやれない代わりに、大学進学はなるべく本人の希望を叶えたいと考えています。

そこで、頭に思い浮かべるのは、大学進学費用の調達。奨学金の利用です。奨学金の利用について考える前に前提となる大学進学費はどのくらいかかるかというと・・・。

国公立大学四年間の学費 総額 約300万円

国立と公立(県立、私立)で若干の違いがありますが、調べた結果4年間の学費総額約300万です。当然こちらには、サークル代や、細々とした学用品の代金は含まれていません。自宅から遠い大学の場合は、仕送り代や交通費がこれ以外にもかかります。最低金額が300万円と考えてください。(学費以外の諸々の費用を含めると、500万円という試算もあります。)また、医学部や薬学部のように、六年間大学に通う必要のあるものは、総額が高くなります。

★財務省が大学学費の値上げ要求を国立大学に要請しています。入学時期によっては、300万円では足りない可能性があります。

私立大学四年間の学費 総額 約500万円

私立大学の場合、文系と理系で学費が違います。平均すると500万円程度です。理系と文系で学費が違う理由は、理系の場合は、実験を行ったりするので、設備や機材を必要とするため、その分文系よりも学費が高くなります。ただし、理系でも学部によって、文系と同程度の学費の場合もあります。また、理系でも医学部や歯学部の学費は私立の場合、年間1000万円以上かかる大学もあります。

果たして、我が家で子どもを大学まで進学させることができるのだろうかの目安は、お子さんの年齢と現在の自分の貯金額で判断します。

大学進学の学費を貯めるのは、高校入学まで。高校入学時に300万円。

大学の学費は、四年間を一括で支払うわけではありません。しかし、大学進学費用を全て賄うには、高校入学時に300万円は必要です。もちろん、多ければ多いほどよいです。

高校入学までに300万円が必要な理由とは?

毎月の家計から出していた積立金が、高校生の間は大学受験対策としての塾代に回ってしまうからです。さらに大学進学後にも、個別に購入する教科書や実習の費用、定期代などにお金がかかり、貯蓄に回せないからです。

中学生の頃は、中三からの塾通いでも十分にフォローのできたお子さんもいるかと思います。しかし、大学進学を見据えると高校1年生からの塾通いが一般的です。塾費用は地域によって変わりますが、ひと月3万円から4万円程度は見ておくべき。

高校入学時に貯金が300万円以下しかない家庭の場合、塾費用の捻出は、家計から捻出することになります。300万円以上貯金が貯まっていないのに、貯金から塾代をねん出してしまうと、大学進学費用が足りなくなるからです。

高校入学時までに大学進学費用を貯めることができたら、貯めた大学進学費用には手を付けずに、塾費用はこれまでの毎月の積立を塾費用に回すことができます。高校入学時までに最低300万円を確保するのが目標です。

お子さんが高校入学までに後何年あるのかを計算し、どのくらい貯めることができるのかを、試算しておきましょう。

今回は、国公立大学の進学で試算したので300万円を目標にしました。私立なら500万円以上で試算してください。

大学進学不足額=300万円ー(15-お子さんの年齢)×年間貯蓄予定額+現在の貯蓄額

細かくみてみると、こんな計算です。
高校入学までの残り時間(年)=15(高校入学時年齢)ー (お子さんの年齢)
高校入学までの貯蓄予定額=高校入学時までの残り時間 × 年間貯蓄額
貯蓄不足額=300万円ー(高校入学までの貯蓄予定額)+現在の貯蓄額

現在のペースの貯金だと不足する家庭や、賄える家庭といろいろだと思います。どうしても賄えないことが分かったら、奨学金や教育ローンの情報収集をしましょう。次回は、学費の調達の方法である奨学金や教育ローンについてのお話をします。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top