シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

中学生の息子の成績が悪い!経済的な負担なく塾に通わせることができました。

塾代に慎重なシンママブログ管理人さなです。

経済的なことが塾通いのネックになっているのですが、そもそも、義務教育なのに塾に行かないと足りないってオカシイでしょ!?という反抗心もあって、娘は中三まで塾に行ってませんし、まだ中1の息子も塾通いなんて考えてませんでした。

しかし、今月から塾に経済的な負担なく通うことができたので、その方法をシェア。

塾通いの発端。中学生になった息子の成績がかなり悪い。

息子の成績が奮いません。

定期テキスト前に一緒に試験勉強をしたところは、何とかテストで点を取ってくるんだけど、一緒にやらないところは全く点が取れません。

点取れないってどのくらいなのかというと、1科目50点以下です・・・。30点とかもあります。

だから、通知表は1か2を覚悟してたんだけど、もらってきた通知表は2と3でした(苦笑)あはは。「1」というのは不登校とかだともらうのかな・・・。

どうしたらいいのか?まぁ、やるしかないでしょう。

で、私と一緒に勉強するんだけど、息子は私が隣に座っていないと勉強をしないんです。結婚したくないから無理難題を出すかぐや姫のように勉強したくない息子は勉強する間、息子の隣に私が座ることを要求。

私も色々やることあるんですけど・・。私が教科書を解説しながら一緒に勉強をするならまだしも、横に座ってひたすら彼の解く問題や単語練習を眺めているのも辛い。

それに、私と一緒だとすぐに休憩宣言してペンを置いてしまう。一方で、夏休み中に気が向いた時に自ら行った図書館などでの自習は、しっかり勉強していると娘に言われて・・・。

彼の気持ちは分かるんです。お姉ちゃんが受験生なので私の関心はどうしても娘に向いてしまいます。私が娘と一緒に勉強スケジュールを組んだり、娘に叱咤激励したりしている様子にやきもちなんですよねぇ・・・。

でも、勉強しないわけないは行かない。

我が家の方針として、大学進学を目指すなら進学トップ校(奨学金をもらって私立又は公立トップ校)か、高専含む公立実業高校に進んで就職してもらうことになってます。

そうなると勉強が不得意で私立や中堅普通科の公立高校という選択肢はないわけです。でも今のままでは公立実業高校も無理かも(苦笑)

これは、家族以外の人に監視してもらわないとダメかも!?と思ったのですが、娘が今年中3になるにあたって近所の塾はいろいろ検討済みだったので、塾の金額も分かっていた私は金銭的にちょっと通塾は厳しいかなぁと二の足を踏んでたんです。

ひとり親現況届を出しに行ったら、無料塾のチラシが!

児童扶養手当の現況届を出しに役所に行ったら市からの委託でNPO法人が運営している低所得者の家庭の子供向けの無料の塾のご案内(チラシ)を発見!

これだ!!そう言えば去年の現況届提出の時に学習支援の必要性に関するアンケートに答えたわ。

「無料の塾があったら行きますか?」の質問に迷わず「YES!」でも、今年はそれについてのフィードバックはなかったんだけど、やっぱりやってたのね!

見つけてよかった。早速申し込みをして、すぐに入塾する運びとなりました。

この無料塾は「生活困窮者自立支援法」という法律に支えられた任意事業です。任意事業なので市町村によっては、無料塾をやっていないところもあります。

なので、グーグル先生に「市町村名 無料塾」というキーワードで聞いてみるか、役所の福祉課に問い合わせると無料塾を開催しているかどうか教えてくれます。

教えてくれる方は大学生、社会人などの成人ボランティアの方です

子供と大人1対1または1対2人で教えて下さいます。わが子が通っている塾では、近くの大学生が多いかな。リーダー的な役割をして下さっている方は、40代後半くらいの男性です。回数は週2回、約2時間です。

塾では教材は特になくて、学校で使っている教材を解いたり、単語練習をしたり漢字練習をしたりしています。本当なら、家で反復練習をして塾では先生に分からない問題を聞く、という流れがいいでしょうけど、自分で家で勉強するという習慣がつかなかった息子なので塾で単語練習などもしています。

家で学習するという習慣がつかなかった理由はちょっと長くなるので別の機会に。

無料塾に行った息子の変化

とりあえず、週に2回塾があるので学校の後に自分で勉強する日が確保できました。良かった良かった。

息子自身も「塾、楽しかったよ!」と満足の様子。息子はガツガツやり込むのは性格的にムリなようなので、自分のペースで進めることができる個別対応はとってもありがたいです。

このように、最近は貧困世帯への学習支援が広がっていますが、その情報にたどり着けるかどうかが、子供の将来に影響するように思います。

ひとり親家庭ならきっと対象のはずです。役所の福祉課に相談してみてください。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top