シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

母子家庭の娘が奨学金で東京の大学に行くことの是非。

こんにちは!シンママブログ管理人さなです。母子家庭の女の子が奨学金を借りて地方から上京するというTVのドキュメントでやってたんですけど、誰か止めてくれ!

 

 

 

 

 

 

上京しての大学進学は授業料以外にも生活費がかかる

大学進学費用って授業料だけじゃなくて、授業料以外にも教科書代とかも掛かりますよね。

専門書は高いです。理系なら10万円とか教科書にかかると聞きます。

ざっとみて、4年間の私立大学で一人暮らしなんかしたら、1千万円以上かかってもおかしくないよね。

年間100万円の授業料で4年間400万円、生活費月15万円で4年間で720万。合計したら1,120万円。ほら~。

しかも、東京で生活するのに15万円の生活費って満足な生活費じゃないからね。

それに、女の子です。結婚や妊娠、出産があるとどんなに自分は仕事を続けたいと思っていても、状況が許さないことがあります。旦那の転勤だったり、つわりが酷くて産休まで待てなかったり、子供が重い病気になったり。

女性は、大学進学の投資分を回収できなかった人が沢山いるのに、1000万円ものお金をかけてまで、上京して私立大学ってリスクを背負いすぎです。負け戦じゃないの?

進学するなら、私立高校の校風も考えないと

ドキュメントの子は当初の目標だった薬学部の入試に落ちた後、なぜか青学に進路希望を変更したんですよねぇ。「私東京いきたい!」って目をキラキラさせて・・。

その子が通う塾の塾長も「東京いいぞ!変人が沢山いて刺激になる!!」とか言っちゃってさ。

でもさ、思うんだけど、視野を広げるのは大学じゃなくてもできると思う。

今の時代、「変人」と繋がれる人脈なんて地方からでも手繰り寄せることはできますよ、ホントに。自分のアンテナ次第だよ。

しかも、青学は幼稚園から大学までエスカレーターでくる子もいて、いいとこのお坊ちゃん、お嬢さんの学校だし、私立だからサラリーマンでもそれなりにリッチな家庭の子供達がいる学校です。

たしかに、勉強頑張りたい、青学でしかできない勉強というなら、友人関係は二の次でガリガリ勉強できると思う。

だけど、進学の理由が東京行きたい!ということは、キャンパスライフを満喫したいんだろうけど、東京に実家がある子と一人暮らしでカツカツの子の生活の差は大きい。現実的に付き合いが大変だと思うよ。

お金足りなくなったら、どうするんでしょうか・・・。奨学金が返せなくて水商売や風俗やっている子も聞きます。そこから抜けられない子もします。

ドキュメントの子を勝手に心配しています。

 

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top