シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

シングルマザーがPTA役員を押し付けられないようにするには。押し付けられたら?

こんにちは!さなです。PTA役員の選出は終わりましたか?

小規模学校だとPTA役員が持ち回りで、シンママで時間がないのにPTA活動なんてできるかな?と戦々恐々のシンママもいるかなぁ。

実際には、シンママでもPTA活動がムリなくできる学校もあるけど、かなりPTA活動が活発で保護者の関わりが多い学校もあります。学校ごとのカラーと言えば聞こえはいいけど、なんか腑に落ちない気も・・・・。

なので、シンママでPTA活動をやらずに卒業できた人のことも知っているので、PTA活動に協力したいけど、協力できないシンママのお役に立てるように、PTA役員を押し付けられたら、押し付けられないようにする方法をシェアします。

母子家庭だからできません。は残念ながら通用しない

水戸黄門の印籠みたいに、「母子家庭だからできません。」ってPTA役員選出の時に言っても、たぶん白けるだけです。それに、一言「母子家庭」と言っても人それぞれですよね。

たとえば、「母子家庭」と言っても親のサポートもなくフルタイムまたはトリプルワーク、ダブルワークで働いている人もいれば、親と同居の人もいるし、私みたいに労働時間が短かったり、融通が利くシンママもいるわけです。

母子家庭によって働き方が違うし、他の保護者が思い描く「母子家庭像」が9時5時の仕事で働く片親と言う程度の認識なら、「母子家庭だからできません」と言っても、「ワーキングマザーと同じでしょう?ワーママでPTA役員やってます。母子家庭の方にもやってもらいます。」ってなっちゃうんでしょうね。

本当は、ワーキングマザーだっていろいろな働き方で生活しているから、ワーキングマザーも十把一絡げにできないんですけどね。同じようなことは、専業主婦にも言えることでしょう。専業主婦が全員暇なんてこともない。

シンママの大変さを納得してもらえないことも・・・

それならば、と具体的に「親のサポートもないだけでなく、帰宅も夜〇時すぎで云々。」って伝えても世の中は話せば分かるという人ばっかりじゃなかったりします。

「大変なのは分かりましたが、皆さんにやってもらってます。」っていう人が必ずいるんですよね。だから、そう言わせないように、日ごろから先生や校長先生、前学年の役員さんに根回ししておくといいです。

たとえば、毎年役員の打診のお手紙などがPTAから来ると思うんですが、その時に「役員はできない」に〇つけるだけじゃなくて、自分の状況を細かく書いて提出します。聞かれなくても書く。

または、入学式直後から担任の先生にPTA役員できそうにないことや、PTAは入会したくないとか相談したり、担任の先生には余裕がない状況をお話しておくと、役員さんに話を通してくれることもあります。

確かに、自分のプライベートを書くのは気がひけるという気持ちもあるでしょうけど、なぜPTAの役員ができないのか?の問いに答えるしか、役員を辞退する手段ってないと思う。全て自分の満足するように事は運ばないってことですね。

でも、1年間に2日位ボランティアしてもいいんじゃない?

本当に余裕のない人もいます。親子で参加する行事にも仕事休めなくて参加できない人とか。そう言う人は置いておいて、できるでしょ?って思われちゃう人はいますよね。

「親子で参加する行事には参加してるんなら、PTA役員だってできるでしょう?」とか、「昼間っから彼氏とプラプラ歩いているんだから、その時間PTA役員できるでしょう?」って。パパとだったら歩いていても言われないんだろうね。彼氏というのがポイント。

シンママ嫌いの人は、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いんだから、何言ってもムダです。でも、確かにその位の余裕があればできる場合もあるのがPTA活動です。

学校にもよるけど、持ち回りのPTA役員であれば、活動時間は年間48時間位だと思います。年間2日です。

本部役員となると活動時間は多くなるとは思いますが、さすがに本部は持ち回りはないでしょう。年間トータルで48時間くらいなら何とか都合つくシンママもいんじゃないかな。

でも、年間2日の有給すら取れずボランティアする余裕がない、なのにPTA役員を押し付けられると言う人はどうすればいいのかというと、これは他の保護者から何を言われても無視が一番。

誰が聞いても大変そうな人に役員をさせるPTAは、無視すればいい

自分自身の状況を常日頃から話ているのに、それでもPTAの脱会はできないし、PTA役員を押し付けられるのであれば、役員を引き受けても何もしなければいいと思います。

だって、ムリなんだから。したくてもできないという人に、やってくれと言ったらそうなるでしょう?

PTAはボランティアです。そんなに重責を感じてするようなもんじゃないはず。できない人に押し付けることで活動を存続させているPTA活動があること自体がオカシイ。無視、無視。罪悪感を感じる必要もないと思います。

PTAをけっこうラクにたのしくする本
大塚玲子
太郎次郎社エディタス
売り上げランキング: 4,769

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top