シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

男手がないシングルマザーがレジャーを楽しむコツ。子連れで富岡製糸場に行ってきました。

男手がないシングルマザーがレジャーを楽しむコツ。子連れで富岡製糸場に行ってきました。

夏休みということで、家族(子ども二人とわたしの妹)で1泊旅行に行ってきました。旅行先は世界遺産になった富岡製糸場です。
子連れレジャーに富岡製糸場を選んだのは、住んでいる所から近かったからです。

群馬県の上信越自動車道前橋インターから富岡インターまで30分くらいでした。平日だったので、混雑具合はちょうどいいかな。

↓クルマから見る富岡市の眺め。↓子どもが撮影したので、フグ?の置物が映ってます^^;蕎麦屋さんの置き物のようです。
なぜにフグ!?
11830827_516304698518769_1712133781_n

富岡製糸場の中の様子。明治時代からの建物なのに、キレイなのは民間企業の片倉工業が年間1億円をかけて維持管理してくれたというのが、大きいです。そのストーリーを聞くと、建物をまた違った視点から見れます。


↓富岡製糸場の中です。混雑しているように見えるのは、ガイドさんの話を聞くために前によっているからです。

11853956_516320658517173_1692480813_n富岡製糸場に子連れレジャーをして、子連れレジャーを楽しむコツを書いておきます。
ちなみに富岡製糸場は、赤ちゃんは楽しくないかもしれませんね。小学生以上の子どもなら、歴史的な価値を理解できると思います。

 

男手がいないシングルマザーでもレジャーを楽しむコツ1 中距離ならクルマを利用する。

長距離レジャーなら、クルマよりも電車の方がラクですが、中距離や近距離ならクルマでの外出の方が荷物も積めてラクな、クルマでのレジャーがお勧めです。持ってくれる男性がいれば話は別かも(笑)

クルマがなかったら、ナビ付レンタカーを利用する。
女は地図が読めないと言われますが、わたしもそのタイプです。

そんなわたしは普段は、軽自動車に乗っています。街乗りでは、知っているところしか行きませんから、地図のお世話になることもありません。

また、軽自動車の馬力のデメリットも感じませんが、山道や荷物があるならやはり普通乗用車の方がいいです。
だから、軽自動車に持っているなら、ナビ付の普通車のレンタカーを借りるのがおすすめです。わたしが借りたのはビッツです。

家族が少ないシングルマザーでもレジャーを楽しむコツ 下調べをする。

どうせなら、その地域のバックグラウンドが分かる方が楽しいと思います。今回の富岡製糸場なら、建物の歴史とかをちょっとだけ下調べをすると、楽しいです。

  • 富岡製糸場ではフランス人が飲んでいるワインを、人の生き血だと地域の人が勘違いしたとか。
  • 富岡製糸場の女工さんは、高待遇のエリートだったとか。

(富岡製糸場は、ガイドさんがいるのでガイドさんをつければ、バックグラウンドの説明をしてくれるます。)

海水浴でも、その地域の歴史とかネットで検索すると面白いエピソードが拾えたりします。
ただの癒し旅行も楽しいですが、そこにプラスアルファするとより旅行が楽しく思い出深いものになるかも。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top