シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

母子家庭で私立高校の授業料が支払えない時の相談窓口&対策

シンママブログ管理人さなです。

母子家庭なら私立高校初期費用は減額してもらえる、母子家庭なら私立高校の学費は免除してもらえる、と思っている人もいますが、母子家庭という条件だけで特待生になれる制度はありません。

しかし、実は母子家庭父子家庭関係なくほとんどの家庭では、2010年4月から公立私立問わず高校の授業料のみ無料になりました。(高等学校等就学支援金制度)

また、私立公立問わず、どの高校に行っても定期代など授業料以外の負担はあります。

その他、特に私立高校では、修学旅行が海外だったり、制服がブランド物で高額なであったり、寄付を募る学校もあり、公立に比べて授業料以外の学費の負担も多いので、私立高校に通うためにかかる費用の負担は重いままです。

そこで、世帯年収が著しく低い、市町村民税所得割額非課税世帯の子供や生活保護世帯の子供の場合は、国から授業料だけでなくその他の学費の補助があります。

ちなみに、市町村民税所得割非課税の世帯の年収は、家族数や住んでいる地域にもよりますが、市町村税(市民税)所得割非課税世帯とは「年収250万円程度」が該当世帯です。

ちなみに、市町村税非課税世帯は、勤め人なら年収204万円です。詳しくは、市町村税非課税は年収204万円の記事を参考にして下さい。

それでも、学費の一部の補助ですから、低所得なら私立高校の学費(授業料+教科書代などの授業料以外のもの)を全て無料にできるような国の制度はありません。

生活保護世帯や非課税世帯であっても私立高校にかかる費用の全額免除にはなりません。(独自の奨学金がある市町村や成績優秀者などに対して全ての学費を無料にしている高校はあります。)

なので、所得が基準となるので母子家庭かどうかは関係ないですから、無条件に優遇されてるとか言わないでね。

 

 

 

 

 

生活保護世帯・市町村民税所得割額非課税世帯なら高校生等奨学給付金を申請

高校生等奨学給付金とは、授業料以外の教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、校外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費等を補助する目的の給付型奨学金です。

小中学校でもそうでしたが、修学旅行だ!ドリルだ!PTA会費だ!とかなんだとか、授業料以外の集金が毎月あったと思います。

それと同じで、先ほども言ったように高校の授業料が無償化しても家庭からの持ち出しがゼロになるわけではありません。

特に私立高校の場合は、修学旅行も海外だったり、ステキな校舎の設備を維持するために設備費の集金もあります。その授業料以外の学費を一部補助していくれるのが、高校生等奨学給付金です。文部科学省HP 高校生等への修学支援

生活保護世帯や市町村民税所得割非課税世帯(だいたい年収250万円相当までです。地域によって若干の差あり)なら対象家庭です。高校生等奨学給付金を申請しましょう。

高校生等奨学給付金問い合わせ先 高校生等奨学給付金都道府県問い合わせ先一覧

高校生等奨学給付金の給付金額

生活保護受給世帯【全日制等・通信制】

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額5万2,600円

非課税世帯【全日制等】(第一子)

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額5万9,500円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額6万7,200円

非課税世帯【全日制等】(第二子以降)

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額13万8,000円

非課税世帯【通信制】

  • 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円
  • 私立高等学校等に在学する者:年額3万8,100円

月額ではありません。年額です。大変ありがたい制度ですが、私立高校の授業料以外の学費を全額カバーするのは、難しいと思います。

たとえば、私の地元の私立高校は、月22,100円の学費でしたし、鹿児島のラサール高校の月額授業料は61,150円です!! 鹿児島ラサール高校HP 学費

学費が月6万円以上では、年額最大13万円の高校生等奨学給付金では足りないよ!ラサールに関しては返済が必要な貸与型の奨学金もありますが、どの私立高校も、国の返済不要の奨学金制度だけで学費全て(修学旅行費、PTA会費など)をカバーするのは不可能だと思います。

私立高校の足りない学費は、貸与型奨学金又は貸付

足りないお金は借りるしかありません。低金利で借りられる機関を紹介します。

高校の足りない学費を貸してくれるところ(低所得者対象)

社会福祉協議会が窓口となっています。ご自身がお住まいの市町村にある社会福祉協議会に問い合わせてみてください。

生活保護世帯、非課税世帯でないが高校の学費が足りない場合

経済的に苦しい母子家庭なら進学先は、公立高校や私立高校の特待生に絞ろう

綺麗な校舎、カワイイカッコいい制服、やる気に満ち溢れている先生など、公立高校よりも私立高校の方が魅力的に映るかもしれません。

でもね、人生のうちのたかがだ3年。見た目に惑わされずに、学力を少しでも上にあげて私立の特待生になるか、公立高校に行くべきじゃないのかなーと思います。

私立高校でも特待生といって、成績に応じて学費免除で通える高校が必ずあるはずです。

受験前なら、公立高校か特待制度がある私立高校に絞る。地方なら定員割れの公立高校もあります。入学後に学費が足りずに退学となることのないように、入学前に高校学費について準備しておく方がいいです。

それでも、入学後に困った場合、学校の先生に相談したり、社会福祉協議会や教育委員会に問い合わせてみてください。

関連記事 大学給付型奨学金の対象世帯は、市町村税非課税世帯が対象。年収204万円

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top