シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

もしかして、いじめられてる?いじめを早く解決するために一番重要なこと。

シンママブログ管理人さなです。

前回、友達とカードトラブルの出来事を話しましたが、その時にひょっとしてわが子はいじめられているのかな?と思って、いじめられた経験を手記にしたものをちょっと読みました。

また、いじめ問題の早期解決のために、必要なことがも自分なりに分かったのでシェアします。いじめに悩む全てのお子さんを持つママやパパの参考にしてもらいたいです。

いじめの問題を早くに解決するには、加害者の親に事実を認めさせること

いじめの解決とは、加害者にとっても被害者にとっても、いじめがなかった状態に戻ることだと思います。

謝罪がゴールの被害者(の親)もいるかもしれませんが、加害者(の親)から謝罪をしてもらっても、いじめられた本人が元気にならなかったら謝罪は無意味なんじゃないかな。

加害者にとっても、被害者にとっても、いじめがなかった状態に戻ることがゴールのはずです。

しかし、加害者の親が感情的になってしまって、いじめの事実を認めずに、または認めたとしてもその重大性を認めないと、「いじめがなかった状態に戻ること」はできません。

b894c88bbd01d984bf0b6b72f4614ca0_s

 

 

 

 

 

なぜなら、親の態度は、加害者の子供が心から反省する機会を奪うことになるから

子供にとっては、親の態度がルールだし、憲法みたいなもんですから、親がいじめは言いがかりだと主張したり、いじめられる子供が悪い!と言っていれば、加害者の子供は本心は悪いと思っていても謝れないし、または、自分は悪くないと自分自身に刷り込むだけです。

だから、加害者の親がわが子のいじめを認めやすい認めざるえない状態に、誘導する必要があります。正確には誘導してもらう必要がある。

誰に誘導?そう、先生に誘導してもらうしかない。

先生と加害者親子で三者面談をしてもらおう

わたしの子が通う学校だけかもしれませんが、学校は子供同士であったことを相手の親に知らせない傾向があります。たぶん、先生にとってはよくあるケンカという認識なんだと思う。

普通のケンカだったらそれでいいと思うんですが、子供の様子や、やられた内容からこれは限度を超えていると思うのなら、先生に加害者の親へ出来事を説明してほしいと言った方がいいです。

そして、早い段階で、担任の先生(状況によって校長先生)と加害者の親子で三者面談してもらうべきです。

そこで、いじめの事実があったこと、被害の状況を加害者の親に説明してもらうしかないと思います。

そんなプロセスに則っても加害者の親は子供がいじめをしたことを認めないこともあります。被害者の子と加害者の子は仲がよかったはずだ!とか、いじめられる方に原因があるんだ!と言い出します。

なので、その時に具体的な証拠を提示できるように、被害者の親は子供の観察日記を付けるような感じで、いろいろとメモしておくといいです。

そして、加害者親子と先生が面談する前に先生方にはいじめについてどう思っているかを聞いておき、どんなに被害者に落ち度があっても、私刑は許されないという認識で進めて頂けるように、確認を取った方がいいです。先生が加害者に同調したら堪りません。

担任の先生の動きが悪い場合や犯罪がらみの場合は、学校長に相談

担任の先生の対応がいま一つの場合、教頭、校長、教育委員会と順番に相談していきます。

その時は「担任の先生は、一生懸命にこのように対応して頂いたが、解決していません。教頭先生ならどのように対応していただけますか?」と相談するのがいいと思いう。

担任の先生だって人間なので、上司に自分の落ち度を報告した親を味方したいってあまり思わないと思うんです。なので、担任の先生をあまり酷くいうのはマイナスかなと思います。

もちろん、担任があんまりな態度の場合は、「担任のこの態度は学校側としての態度と捉えていいのか?」と教頭先生や校長先生に相談という形の直訴でいいと思いますけどね。

それでも、恐喝などの凶悪犯罪が繰り広げられている場合は、校長が知らなかったでは済まされない問題だと思いますから、すぐに校長に相談すべきだと思います。

いじめは犯罪です

いろいろ意見あると思うけど、いじめは犯罪の要件に該当します。陰口は名誉棄損、手を振り上げれば暴行罪、怪我をしたら傷害罪、無理やり何かをさせたら強要罪、金品を脅し取ったら恐喝罪です。

 

人をいじめていい権利を持っている人はいません。←ココ超重要。

いじめを放置することは、加害者にとっても不利益

先日、読売新聞の朝刊で原発の問題で福島から非難してきた家庭のお子さんがいじめに合っていたことが報道されました。そのいじめ被害は、お金をせびるまでエスカレート。150万円ものお金が取られているとのことです。

しかも、学校側はお金を奪われていることを知っていながら、被害者の親にそれを伝えなかったと報道されてます。(震災いじめ 学校が親に“現金持ち出し”伝えず(2016/11/16 01:26))

学校側の謎の対応です。なぜなんですかね?なぜ教えてない?

日常生活でも何かの被害に合ってたら、他人に教えてあげるじゃないですか?スカートのファスナー開いてますよってさ。

子供がいじめの被害者になるだけでなく、加害者になることやエスカレートして犯罪者になることは、どんな親も望んでいません。被害者の子供がいじめを訴えることは、加害者の親にとってもありがたいことのはずです。

学校側は、いじめ被害の相談を受けたら、どんどん加害者被害者双方の親に言ってほしいと思います。それは被害者、加害者関係ないとわたしは思います。

最後にいじめの相談に乗ってくれる無料相談所を紹介します

【国】子どもの人権110番
相談方法 電話:0120-007-110 (通話無料) または IP電話(各地域番号一覧) (通話有料)
対応時間 月~金 8時30分~17時15分 ※祝日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く
内容 「いじめられている」「先生から、ばつとして、なぐられる」
「親に、暴力をふるわれる」など、あなたが受けている被害を
解決するための電話です。つらい気持ちをがまんせずに、
相談してください。ひみつは守りますので、安心してください。
大人からの相談も受けつけています。
詳しくは→ http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken112.html
(法務省 人権相談)※IP電話の方は こちらのページ で番号を確認してお電話ください(通話有料)。

 

【国】24時間子供SOSダイヤル
相談方法 電話:0120-0-78310 (通話無料)
対応時間 24時間
【民間団体】チャイルドライン(18歳までの子ども専用電話)
相談方法 電話:0120-99-7777 (通話無料)
対応時間 全国から 月~土 16時~21時(東京・埼玉・栃木・山梨・愛知県は 毎日 16時~21時)
年末年始12月29日~1月3日はお休み

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top