シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

友達同士でのカードトラブルは、カード盗難以外にもあった!甘かったわたしの認識。

こんにちは!シンママブログ管理人さなです。

デュエマに遊戯王と、いろいろカードゲームがありますが、トラブルなってませんか?我が子もカードゲームでトラブルに発生です。しかも、予想外のトラブル。

カードゲームトラブルは、盗難以外にもあった!

よくあるカードゲームのトラブルは、カードを無くした取られたということだと思います。我が家も過去2回、息子が「カードを取られた」ことがありました。「」づけなのは、結局のところカードを取られたかどうかの事実は分からないからです。

なぜなら、息子はカードに名前を書いてないし、その場に第三者もないので「取られた」の確認ができないからなんです。カードゲームをやってない子の親からしたら、名前書けよ!って話だと思うんですが、カードに名前を書かない子はすごく多いです。

カードに名前を書くと、価値が下がるだのなんだのいって、名前を書かないんです・・・。

なので、わが子には「カードに名前を書いてない以上、取られたり無くしても確認のしようがないので、カードは諦めなさい。それがイヤならカードに名前を書くなり、自分で自衛策を考えよう」と話した結果、子供は信用できる友達とだけカードゲームで遊ぶようにしたんです。

また、わたしとしてはカードどうこうよりも、私の子供だけじゃなくて他の子供も含め、将来人の物を盗むような大人になってほしくないから、担任の先生にはカードのトラブルが起きていることと、クラス全体で人の物を取らないように改めて指導してほしいとお話はしました。

それでわたしも、カードゲームに関してカードのトラブルは盗難だけ思っていたのですが・・・。

さなの子にカードを取られたとウワサを流された!

息子がカードを「取られて」2か月以上たったある日、ある子がわたしの息子に「泥棒!」と暴言を吐いたということが起こりました・・・。

もうね、わたしの見通しが甘かったよー。「取られた!」と主張していた息子が、その子に「カード泥棒」とウワサをされて、別の子から暴言を吐かれるなんて・・・。

カードを取られる・無くすというのは織り込み済みです。さらに、自分の子供も人の物を取るようなことはいけないことだと言っているし、信じているけど万が一という可能性として、息子がカードを取ってしまうということも絶対にないとは思ってませんでした。

子供を信じてないとかそういう愛情論みたいなことではなく、何事も絶対はないので。

しかし、カードを取っているとウワサを流されるとは想像すらしてなかったんですよー、わたし。

参ったよ。

こりゃ、先生に相談するしかないということで、先生に相談しました。

その結果、息子がカード取ったと主張しウワサを流している子も言っていることが二転三転したことや、学校は捜査機関ではないので犯人探しはせずに、カードの取り扱いについてや、ウワサを流すことは良くないという指導で話は終了しました。

トラブル解決のために重要なのは、先生と親の密なコミュニケーションと日頃の子供の態度

それで重要だな思ったのは、先生と親が日頃どのようなコミュニケーションを取っているかどうかと、子ども自身が周囲の友達や先生にどんな態度でいるかどうかです。

先生に対してひとつや二つ、不満はあると思うんです。たまには、先生に詰め寄りたいと思うようなこともあるかもしれません。しかし、そこで責めるような態度は取らずに、先生の考えをまずは聞くようにしてます。

単なる誤解であることも多いから。

そうやって、日ごろから先生には、「さなさんは、言いたいことを言うが、話を聞いてくれるママ」という認識を持ってもらえるようにしてます。あざといかもしれませんが、先生と仲良くなりたいというオーラは出しているつもり(笑)

どんな先生でも仲良くなっておいて損はないと思っているので。

なので、わたしの勘違いかもしれないけど、今回も比較的スムーズに先生と話ができたんじゃないかなと思ってます。

また、トラブル解決には日ごろの子供の態度も重要。息子は、おっとり系で公平なことにこだわるタイプなので先生もフェアに見てくれたと思います。

これが、日ごろから問題を起こしているタイプの子供だったら、周囲の反応も違ったものになっていたかも。

カードを発端にオカシナ噂を流したり、流されたりしないように!

男の子のママなら、カードの盗難トラブルはありがちなことだと思いますが、噂というトラブルもあります。

噂を流すことは名誉棄損でフツーに刑事罰です。子供には噂を流してはいけないことや、噂を流されるかもしれないことにも注意した方がいいですね。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top