シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

給付型奨学金の給付条件は課外活動も評価。でも、ランキングものなら結局・・。

シンママブログ管理人さなです。意欲あって優秀な子であっても、経済的な問題で大学進学できないのは、日本にとっても不利益だ!ということで、返済不要の給付型の奨学金制度が作られることになりました。

今日の読売新聞で給付条件に関しての記事があったので、まとめときます。

給付型奨学金の給付条件は?

17年度新入生の場合は、学校の成績が基準となり、18年度以降の新入生は学校の成績のみで判断されるのではなく高校が、課外活動などで基準をみたした生徒を推薦する学校推薦方式で判断されるとのことです。

なぜ、学校の成績のみの判断ではないのかというと、学校間で学力格差があるからです。

まー、そうですよね。でも17年度は基準作りが間に合わずに、学校成績が基準となります。

でも、大学の数を減らし、大学生になれる子の数を絞れば、一律の学力でも問題ないと思うんだけどな。しかし、17年度までに大学の数を半減させるということは現実的じゃないので、仕方がないのでしょうか。

一方、18年度以降の給付の判断材料として、学力だけでなく課外活動も判断にいれるとのことですが、この課外活動が部活や何かのコンテストに入賞などを指すのであったら、経済的に余裕のない家庭の生徒にとってはハードル高い気もする。

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

 

 

 

経済的に苦しいから、子供に学業以外のことをさせられない

わたしは、経済的な余裕がないのに、強豪部に所属させることや、コンテストに出るほど何かを極めるのは非常に難しいと思うんです。

費用対効果を考えるのであったら、いくら子供がやりたい!と言っても、カネばかりかかって将来の職業に直結しない部活動などにお金をかけることは、躊躇します。

家計を助けるために、高校生でバイトしながら勉強している子もいると思います。制度が運用されてないので学校側がどんな課外活動を、実績と認めてくれるのかはまだ分かりませんが、家計を助けるためのバイトも実績となってほしいです。

または、ボランティア活動などコンテストや部活みたいにランキングにならないようなものも認めてほしいです。つーか、認めてもらわないと、制度趣旨に関わると思うんですけどねぇ。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top