シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

シングルマザーの在宅ワークとしてwebライターはお勧めできない件

こんにちは!シンママブログ管理人さなです。わたし自身、フルタイムパートから在宅ワークにしたことで、子供と一緒に過ごす時間も長くなったし、社会保険料の負担も軽減され、収入もアップしたので、在宅ワーク万歳!の立場です。

子供が休みの時も、焦る必要がないのはありがたいこと。在宅ワークで良かった~と改めて思うもの。

やっぱり在宅ワークは子持ち女性にはありがたいということで、webライターも在宅ワークとして注目されているですが、わたしは在宅ワークはいいけどwebライターはシンママの仕事としては、ちょっとな~と思ってます。特に最近は。

cc-library010008822waztw

 

 

 

webライターの報酬の安さは異常

webライターというのは、ネットメディアの文章書く人ね。ランサーズやシュフティなどの在宅ワークマッチングサイトで求人を見つけることができます。そのwebライターの報酬が安すぎなんです。

時給換算すると、道に落ちてる小銭を拾ってるんじゃないか?ってレベル

その理由は、webライターの仕事がしたい!という人が異常に多いから。専門知識があったり、タイピング速度が超高速なら話は別ですが、需要と供給の関係で特に何も知識がない、文字打てるだけライターさんは発注者から異常に買い叩かれます。

どのくらい買い叩かれるの?というと、報酬は1文字0.5円とかです。もっと安い場合もある。しかも、1000文字以上などの条件があるわけで、オリジナルな文章1000文字を1時間で打つとすると、1000文字×0.5円で500円だから、時給500円です。

リサーチの時間はいれませんよー。タイピングのみの時間。(ここまでの文字数約700です)

1000文字以上をオリジナルな記事でリサーチ入れて1時間で仕上げるって、わたしはキツイです。しかも、納品してダメ出しもあれば直さなければならないし。

フツーに外で働いた方が、よくない?って話です。

専門知識などの強みがあれば別ですが、特になにもない状態でwebライターは全く割に合わないし、webの知識も蓄積されないので、スキルアップにならないので、お勧めできません。

販売の仕事で接客スキルを学んだ方がよっぽどスキルアップになると思う。

在宅でwebライターやるなら、自前のメディアを持とう

内情を話せば、発注している方は、納品してもらった文章をネット上に上げて、1記事で1万、2万、3万って収益を上げてるんです。それも継続的にです。記事は一回アップしただけなのにね。

それなのに、最低時給以下でwebライターなんてやってるなんて、勿体ない。

webライターとして受注があるのであれば、自前のメディア(ブログやサイト)にアップした方がいいですよ。儲けは全て自分で独占できます。

自分でメディアを持てば、基本的なブログ操作もできるようになるし、webライターみたいにタイピング速度が高速になるだけでない、それ以上の成長があります。

webライターなんてやることないって思ってます。(文字数約1190)

それでもwebライターやるなら・・・。

わたしが割に合わないよ~と吠えたところで、それでもやる理由がある場合もあると思うので、買い叩かれないポイントをシェアします。

  • 継続して発注してくれるかどうか。
  • お直しの条件や何回までと決まっているかどうか。

webライターをやるなら、継続して発注してくれるかどうか聞いた方がいいです。単発の発注は後腐れなく買い叩かれます。逆に継続発注がある場合は、ライターとして育てる気持ちがある発注者もいるので、継続発注の可否は聞いた方がいいです。

お直しの条件に関しては、手を加えれば加えるほど時給が下がりますから、お直しの条件や回数を事前に聞いた方がいいですね。常識的に誤字脱字はお直し対象です。

なんであんたは詳しく知っているの?と思ったら、秘密はこちらでシェアしてますw。(文字数1579)

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top