シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

娼婦から成り上がったチリ人妻アニータに学ぶ、シングルマザーのサバイバル術

アラフォー世代以上なら、知っている「チリ人妻アニータ」。たぶん、日本で一番有名なチリ人だと思います。わたしの中では、マチュピチュの次に有名。

アニータさんは海外ドラマのデスパレートな妻たちの出演で有名なアメリカの俳優エバ・ロンゴリアに似ている美女です。(え?似てない?わたしは似てると思うんだけど・・・)

eva

 

 

 

 

画像 エバロンゴリア ネイバーまとめ

アニータさん

anita

 

 

 

あー、こうやって見比べるとあんまり似てないか・・・。

 

14億円巨額横領事件の男の妻がアニータ

チリ人妻アニータを知らない人のために、サラッと説明すると、 2001年に青森県住宅供給公社に勤める男が巨額横領事件が起きました。その額14億円。桁が凄すぎ。

それで、犯人の男は横領したお金で場末のスナックから高級クラブにいったりと女遊びに豪遊してたんですが、その豪遊中に出会ったチリ人女性がアニータさん。当時彼女は出稼ぎのために日本にやってきて、売春で母国にお金を送金していた女性です。

そのアニータさんに出会った男は、アニータさんに惚れ、プロポーズ。アニータさんは、その男の妻になります。そして、美貌のチリ人妻をめとった男は、さらに横領金額を上乗せしていき、報道によると14億円のうち11億円がアニータさんに送金されたと言われています。

14億円横領した男から11億円引っ張り、そのお金で病院やクラブなど事業を起こしています。そんなこんなで当時相当の話題になりました。だから、アニータは日本で一番有名なチリ人女性なのです。

そして、興味深いのは男が豪遊中に出会った女性はアニータさんだけではないことです。人数は忘れましたが、十数人の女性(外国人含む)が男から高額な時計やらなんやらをプレゼントされたと報道されてます。

なぜアニータが売春婦から妻になったのか?

男が豪遊中に何人もの女性と出会ったのですが、その中でなぜアニータだったのか、ゲスいわたしはちょっと気になったんです。

それに、一つの答えを見つけたのは、ライター八木澤高明氏です。

彼の著書「娼婦たちから見た日本」によるとなぜアニータが妻に選ばれたのかは、アニータの個性もさることながら、彼女がある意気込みをもって日本に来たからではないのか?というような記述がありました。(手元に書籍がないので正確な記述ではありません。ニュアンスは合っているはず。)

どんな意気込みなのかというと、「日本で売春したらお金が稼げる。これはチャンスだ」そういう意気込みなんです。

アニータさんがそこまでの意気込みをもって日本に出稼ぎに来た理由は、単なるお金がほしかったからというよりも、子供のためです。

アニータさんを取材したライター八木澤高明氏によると、当時、子供が病気でその治療にお金が必要だったからだと取材でアニータさんは応えています。

しかも、日本に入国前から売春の仕事をすることになると知っていたと。それでも、彼女は「日本で売春したらお金が稼げる。これはチャンスだ」という気持ちで日本に来たというのです。

八木澤高明氏よると「日本で売春婦になることはチャンスだ」という気持ちで日本に来た子は、アニータさん以外に取材中出会あわなかったそうです。

チャンスは死神の格好をしてやってくることもある

わたしもシングルマザーが子供のために風俗産業につく決意をするということまではイメージできるのですが、わたしだったら売春はチャンスだとは思えないし、チャンスだと思う人がいるなんて、思ってもみませんでした。

だから、わたしもアニータに取材した八木澤高明氏同様に、「売春はチャンス」というその意気込み、考え方があったからアニータは日本で自分の武器を最大限に発揮できたんだと思う。

もちろん、売春は違法で悪いことだし、売春しなければ生きられない人がいるのは悲しいし、横領事件の被害者にとってみれば、アニータさんも同罪とみるでしょうし、アニータさんをかばうつもりもないです。

しかし、人が嫌うことや人が難しいと尻込みすることに対して「チャンスだ!」というその心構えは、シングルマザーのサバイバル術のひとつであり、自分の人生を変える重要な教訓だとわたしは思いました。

人生を変えるきっかけは、「これはチャンスだよ!」って顔で来るときもありますが、真っ黒な死神の格好をしてやってくる時もあるんですね。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top