シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

未婚の母になるかも。どうする?未婚の母で後悔すること、困ることは、この二つ

未婚の母の現実

わたしのところには、未婚の母からの相談があります。

それらの相談に関して全体的に言えることは、未婚の母だと養育費の請求に関して心理的に子どもの父親に請求しずらかったり、両親と勘当状態になってしまったことや、日本の税法上の不平等で経済的な問題を離婚シンママよりも抱えやすいように思います。

経済的な問題がクリアしてない中で子育てのサポートがないと、ママも子供もかなり生活が厳しくなります。

現実的に、保育所に入れたとしても、風邪を引きやすい赤ちゃんを抱えては仕事もろくにできませんし、母子(父子)家庭に支払われる児童扶養手当も、満額で月4万円程度です。

さらに、日本の税法上、未婚の母は同じ収入の離婚死別シンママよりも税金(所得税、住民税)だけでなく、場合によっては保育所の保育料などを多く支払うことになります。

同様に、小中学生の子供がいる低所得の世帯に現金支給される就学支援制度も受けられないこともあります。

つまり、同じ収入で子供の数が同じ離婚死別シンママよりも未婚のシンママは経済的に苦しくなるんです。

 

 

 

 

未婚の母で困るのは経済問題

経済的に厳しいことに、離婚死別シンママと未婚の母とでは違いはないんじゃないか、と思ったらそれは誤解です。

日本の制度上、離婚死別シンママよりも未婚の母の方が経済的に苦しくなります。同じ収入で子供の数が同じでも手元に残るお金が少ないのです。

離婚死別シンママよりも経済的に苦しいのは、未婚シンママは寡婦控除の適用がないから

手元に残るお金を増やすためには、控除を多くすることなんですが、未婚シンママは離婚死別シンママに適用される寡婦控除の適用がありません。

寡婦控除が使えないことが、未婚シンママが経済的に苦しくなる理由です。

寡婦控除というのは、子持ちの女性の所得税や住民税を軽減させるために、年収から27万円(特定寡婦なら35万円)を差し引き所得をディスカウントすることができる制度です。

所得が安くなるとなぜいいのか?というと、所得が低いほど税率が低くなるからです。

つまり、所得から差し引かれる(控除される)金額が多いほど所得が減るので、それに伴い支払う税金も少なくなり同じ年収だとしても控除される金額が多い方が原則手元にお金が残ります。

私の場合、パート時代は寡婦控除の適用をし忘れ、月10万円程度の月収で所得税が数千円(金額失念)引かれていました。その後、修正申告をして寡婦控除を適用させたら支払った所得税が全額戻ってきましたよ。

次に、保育所の保育料ですが、未婚母は離婚死別シンママよりも支払う保育所の保育料が高いです。保育料の算出は所得が基準だからです。

自治体よっては保育料算出にあたって、未婚シンママに寡婦控除のみなし適用をしているところもありますが、東京都八王子市の試算によると、年間20万円以上も所得税、住民税、保育料の差が出ることもあると報道されてます。
(保育料が所得を基準に決まるからです。)

「東京都八王子市の試算によると、『年収201万円で、2歳の子どもがいる』というシングルマザーのケースでは、婚姻歴がある場合と比べて、非婚のシングルマザーは、所得税・住民税・保育料の負担が年額20万円以上も多かったということです。

母子家庭の収入は、一般の世帯の収入より低いと言われていますが、その中でも、非婚の母子家庭の世帯収入は、さらに低いと言われています。非婚のシングルマザーは、寡婦控除の適用がないことにより、さらなる経済的苦境に陥ることになります」

引用 弁護士ニュースドットコム 現行制度は憲法違反? 未婚のシングルマザーにも「寡婦控除」を認めるべきか

寡婦控除が適用される人のまとめ

上記の引用記事にもあるように、寡婦控除は未婚の母は適用外です。対象は離婚や死別によって母子家庭になった人です。

 寡婦とは、納税者本人が、原則としてその年の12月31日の現況で、次のいずれかに当てはまる人です。

  1. (1) 夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人です。この場合の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
  2. (2) 夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。この場合は、扶養親族などの要件はありません。

(注) 「夫」とは、民法上の婚姻関係をいいます。

引用 国税庁HP 寡婦控除について

寡婦にも種類があって、特定寡婦に該当すると扶養控除額は35万円になります。

寡婦に該当する方が次の要件の全てを満たすときは、特定の寡婦に該当します。

  1. (1) 夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人
  2. (2) 扶養親族である子がいる人
  3. (3) 合計所得金額が500万円以下であること。

引用 国税庁HP 寡婦控除について

未婚シンママ非婚の母が増えていいと思っているわけではないのですが、離婚死別シンママも未婚の母もママだけで子供を育てているのに結婚の有無で状況が変わるというのは、私も差別だと思う。

結婚しないで生まれた子供と結婚して生まれた子供とで遺産相続の割合が不平等だったのも平等になったことだし、これも違憲判決をしてほしいと個人的には思います。

未婚の母で困るのは、父親がいない理由を説明しずらい点

世間からの質問はスルーでいいですけど、子供からの質問には答えないわけにはいかないですよね。

離婚ママは子供になぜ離婚したのかについて、お互い未熟で結婚生活が上手く行かなかったと話せば済んでしまうこともあるのですが、

未婚の母になった理由によっては、なぜ結婚しなかったのか?という子供からの質問に対して、父親のことを悪く言わずに未婚の母になった理由を説明することは非常に難しと思うんです。

父親のことを悪く言われたことに対して子供はどう思うのかも分かりません。丁寧な説明が必要。

未婚の母は世間からの偏見に耐えられるか?

母子家庭や未婚の母に対して偏見がない人もいますが、偏見がある人もいます。

たとえば、「離婚する人は性格に難がある人だ、その子供も・・・。」というのは母子家庭に向けられる偏見ですが、未婚の母の場合はそれにプラスして「性的にだらしがない」「不倫の末の妊娠なんじゃないの?」といった偏見(決めつけ)があります。

 

わたし自身は十把一絡げに「未婚の母は〇〇だ!」とは思いませんが、子供の父親が子供を望んでいなかった場合は、自分の意思を押し通して産むことって良いことなのか疑問に思います。

 

避妊をきちんとできなかった=男性の責任ということで、産んでほしくないという男性の気持ちは尊重しなくていいとは思えないんです。

でも「命だから産みたい」という気持ちは分かるので、どこに落としどころがあるのか?と聞かれても答えが分からないのですが・・・。

未婚の母で困ることは経済問題と父親不在の2つ。数は少ないが影響力がある

未婚で困ることは、経済的な問題と父親との関係にまとめられると思います。

たった二つですが、母子家庭のママである私はその二つは、非常に子供の人生に影響力があると実感中です。

経済的な問題は非常に辛いですよ。

景気がいい時代ならまだしも、今の日本は景気がいい業界もありますが、日本全体でみると経済的に停滞しています。そういう中でお金の問題はどうにかなるという根拠ない楽観主義は見通しが甘いと言わざる得ない。

特に実家のサポートがない中、非婚で出産するというのであれば、楽観主義では生きていけないと思います。出産までに時間があるのであれば、せめて出産までに社会復帰までにかかる生活費(少なくとも1年分)は貯蓄するために稼がないと。

お金の問題がクリアできたら、次は「父親がいない」という事実にぶち当たります。

「父親がいない」ということは、大人が思っているよりも子供にとっては重大なことです。

私の場合は、子供の父親が外に子供を作ったことをきっかけに離婚したのですが、それを知らない私の子供は父親が親権を争ってくれなかったことに疑問を持ってます。

子供なりに、「父親は私と暮らしたくなかったのかな・・・。大事に思ってなかったのかな・・・。」と思っているようです。

私は子供には「愛があるからって、育てられるとは限らないんだよ。仕事と育児の両立ができそうにないからパパはママに預けて、その分養育費払っているんだよ。」って話てますが、未婚の母だったら子供になんて言ったらいいのか私には分かりません。

「父親がいない」という事実は捉え方によっては、子供の自尊心にも関わる重要な問題だと思います。

未婚の母の不安を解消するには?

もちろん、きっちり養育費はきっちり請求できている人や養育費を払っている父親もいますし、ママの両親に子育てを手伝ってもらっている人もいます。自力で男並みに稼いで頑張っている人もいます。

ですから、全ての未婚の母が経済的にも精神的にも問題を抱えしまうわけではありません。

また、「父親がいない」ということも、我が子なら乗り越えられると願って産むという選択も有ると思います。子供を持つことが幸せだと思うのであれば、そういう選択も別に悪いことはではないですしね。

ただ、先のことは分からないけど、未婚の母の生活がどんなことになるのか、今の状況からある程度は予測できる場合もあります。自分の狭い視野だけで考えなくてもいいと思うんです。

未婚の母になるかもしれないという場合は、市町村の相談機関などに相談してみてください。

関連記事 未婚の母を支援する相談機関を使い倒して未婚の母になる不安を解消しよう

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top