シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

シンママが仕事で辛い時に、励みになる話【吉田春乃】

パート、正社員といった働き方や、社会的な立場が違っても、子どもを抱えながらの仕事はやはり大変です。経団連の初の女性役員である吉田春乃さんも、シングルマザーです。

yosidaharuno

 

 

 

 

 

画像を拝借いたしました。http://4knn.tv/yoshida-haruno/

 

吉田春乃氏は、イギリスの通信会社の営業ウーマンから日本法人の社長になった方です。

わたしのような専門学校卒の人間には足元にも及ばない素晴らしい経歴ですが、そんな吉田春乃さんの子どもと仕事の葛藤には、多くのシンママは共感すると思います。

すがる子どもを子どもを振り切って仕事へ

大事なミーティングがあれば、娘が風邪をひこうが振り切って出勤しました。
週末のゴルフも断りませんでした。

ある朝、娘の体調が悪かったので、ベビーシッ ターに医者に連れて行ってくれるように頼み、出勤しました。娘が医者で診てもらって帰る途中、偶然にも街中で私と出会ってしまったのです。

娘は必死で私の ほうに手を差し伸べました。でも私は顔を伏せ、娘の前を黙って走り抜けるしかありませんでした。

母親にとって、子どもが幸せでないのが一番堪えます。社会で「女性だから」とアンフェアに扱われるくらい、どうということはありませんでした。そんなの逆にエネルギーにしていました(笑)本当にしびれたのは子供のこと。心の底から娘たちの時代には私のような選択はさせたくないと思いました。

そして、吉田春乃氏は通信インフラを整える仕事をしていますが、その通信技術革新のお蔭で、わたしのような低スキルでも在宅で働ける時代になりました。

通信技術の進歩が子育て中や介護中の女性の可能性を広げたと言えます。

しかし、現実には未だに子どもを振り切って仕事にでるシンママは数知れません。それでも、わたしだけじゃないと思えれば、まだ気持ちがラクになります。

吉田春乃氏、社長でも挫折の毎日

社長も挫折することなんてあるんですか?なんていう不思議な質問には「はい、毎日挫折してます、今日も朝一のミーティングで挫折して始まりました。」と答 えています。

私は毎日「今日が終わりかも」と思いながらすごしていますが、トップの皆様は同じなんじゃないでしょうか。

行けども行けども楽なところはなく て、いつも崖っぷち。でも「いけてるかな」と思ったときは逆に停滞しているときで、抵抗を感じるときこそ前進している証拠じゃないでしょうか。

引用全て PRESIDENT WOMAN Online  http://president.jp/articles/-/13315

わたしの仕事も短時間で終わる作業ではありますが、それでも、まだまだ自分に伸びしろがあると思うと同時に挫折もしてます。もっと、上手いやり方があるんじゃないか、もっとこうすればよかった、などなどなど。

そんな自分にため息がでることもありますが、女性のトップでさえも「今日が終わりかも」と過ごし、毎日挫折をすると聞くと、今日も頑張ろう!という気持ちになります。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top