シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

養育費・児童手当・児童扶養手当は、年収として申告するのか?

シンママブログ管理人さなです。確定申告や児童扶養手当を申請する時に、養育費や児童手当などを年収として申告する必要があるかどうかご存知ですか?

養育費は、確定申告しなくてよい 養育費は非課税

根拠条文は、第21条の3 《贈与税の非課税財産》関係

 

(「生活費」の意義)  21の3-3

法第21条の3第1項第2号に規定する「生活費」とは、その者の通常の日常生活を営むのに必要な費用(教育費を除く。)をいい、治療費、養育費その他これらに準ずるもの(保険金又は損害賠償金により補てんされる部分の金額を除く。)を含むものとして取り扱うものとする。(昭50直資2-257改正、平15課資2-1改正)

(「教育費」の意義」)  21の3-4 

法第21条の3第1項第2号に規定する「教育費」とは、被扶養者の教育上通常必要と認められる学資、教材費、文具費等をいい、義務教育費に限らないのであるから留意する。(平15課資2-1改正)

(生活費及び教育費の取扱い)

21の3-5 法第21条の3第1項の規定により生活費又は教育費に充てるためのものとして贈与税の課税価格に算入しない財産は、生活費又は教育費として必要な都度直接これらの用に充てるために贈与によって取得した財産をいうものとする。

したがって、生活費又は教育費の名義で取得した財産を預貯金した場合又は株式の買入代金若しくは家屋の買入代金に充当したような場合における当該預貯金又は買入代金等の金額は、通常必要と認められるもの以外のものとして取り扱うものとする。(平15課資2-1改正) 国税庁サイトより引用

このように、養育費をもらっていても、それは所得ではありません。確定申告は不要です。

okaen

 

 

 

児童扶養手当を申請する時は、児童手当は収入にならない

児童扶養手当申請の際に、支給の判断基準となる収入は、自分で稼いだお金や投資で得たお金など、確定申告や源泉徴収に記入した金額が元になります。それにプラスして、養育費の8割が所得にプラスされます。児童手当は収入になりません。

しかし、児童扶養手当申請時は要申告

児童扶養手当を申告する時に、養育費を記入する欄があります。児童扶養手当を申請する際は、養育費の申告が必要です。

でも、申告してない人、絶対いると思う。マイナンバーによって明らかになることを望みます。そのためのマイナンバー導入でしょうし。

多くのママは、子ども達にズルする人になってほしくないはずですから、養育費を申告しないというズルはしないと思います。

それに、ズルする人の考え方に染まると、それにふさわしい生活環境になる気がします。行動は考え方を変えますが、逆もまたしかりです。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top