シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

母子家庭は母子手当だけ生活していけるのか?母子家庭で所得制限にかからない損をしない働き方とは?

管理人さなです。離婚準備をするにあたり母子家庭に手当がでるらしいけど、満額もらえば生活できるかしら?損をしない働き方はないかしら?、と思ってませんか?

結論から言えば、満額支給されている家庭は、貧困家庭です。そして、児童扶養手当を支給されても貧困家庭ということには変わりありません。児童扶養手当があるから、助かっている家庭はありますが、児童扶養手当だけで生活している家庭はありません。

児童扶養手当で損をしない働き方はない

児童扶養手当を満額もらうには、ざっくり養育費なしで年収120万程度だと満額支給されます。その児童扶養手当の支給額ですが、子供一人で満額支給で4万円程度です。月10万円程度の月給にプラス4万円程度の月収です。ちなみに、子供が二人になると5万円。子供一人につき1万円増加です。

児童扶養手当は、20万円働くことをセーブしたら、20万円国からもらえるというものではありません。働けば働くだけ、手元に残るお金が増えることには、変わらないんです。

なので、手当を当てにして仕事をセーブするのは、損です。

7342abb015a0fc8be04152e5eb86a7bb_s

 

 

 

 

 

ただし、母子家庭向けの優遇措置が使えなくなる可能性はある

児童扶養手当は、収入を増やせばそれだけ手元に残るお金は増えるように、制度設計されています。しかし、所得制限をオーバーしたことで、様々な優遇措置が使えなくなり結果的に手元に残るお金が少なくなるという場合もあります。

たとえば、非課税の母子家庭ですと、医療費が無料の場合もあります。しかし、非課税世帯でなくなると医療費を払う必要があります。通勤定期が安くなっていた場合は、その優遇措置も使えなくなります。

こう聞くと、やっぱり非課税世帯のまま、できるだけ働かない方がいいんじゃないかと思うかもしれませんが、わたしはそうは思いません。

それでも、しっかり働き税金をしっかり払う方が生活はラク

そりゃ、そうですよね。年収1000万円の人はかなり税金で取られますけど、それでも手元に残るお金が、年収500万円の人よりも、少なくなることはありません。

医療費が無料でなくなっても、定期代の割引が無くなっても、医療費は無限にかかるわけではないですし、手当の割引だってたかが知れてます。税金が払える方が生活はラクなんです。児童扶養手当という現金支給に惑わされずに、しっかり稼ぎましょう。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top