シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

奨学金が返せない。奨学金破産の影響を受けやすいのは、母子家庭

シンママブログ管理人さなです。奨学金を借りた学生の破産が問題になってます。先日クローズアップ現代+で報道されてました。奨学金を借りるってことは、出世払い。

奨学金で一家破産の理由

出世払いするつもりで奨学金を借りたはずですが、本人の給料が低すぎて返せない。⇒本人、破産⇒連帯保証人(親)に返済義務。⇒親お金ない。⇒破産⇒一家で破産という人が増えているそうです。

インタビューに応えていた女性も、母子家庭育ち。借りている奨学金(借金)400万円。非正規の保育士さんでした。また、母子家庭ではありませんが、大学院まで進んで非正規雇用のため奨学金を返せないという男性もいました。

142376

 

 

 

 

 

 

奨学金を借りるなら、情報収集をしっかり!

奨学金を滞納している人の職業がデータとしてでています。正規、非正規では非正規の方が滞納しています。

そして、何かの書籍の中で、奨学金を出している日本学生支援機構の理事長が、実業系の学部に進学した人の滞納率はかなり低いとおっしゃってました。

たとえば、工学系です。工学部はサラリーマンの学部です。東京大学は1877年開学ですが、その中で工学部は1919年に増設されました。

当時、基本的に大学とは、官僚になる人が行くところだったので、官僚が学ぶ必要がない実業系の学部は一部を除きなかったのですが、時代の変化によって工学部が作られたからです。それだけ、「学部」から遠いといえます。

一方、実学であるはずの、保育士、介護士、臨床心理士などは、就職先がない、あっても、低収入、非正規の割合が多い職種です。それは、大学や大学院進学の前に調べるべき。

進路の悩みは、親以外の意見も聞いてみる

職種の就職状況・年収・適正を調べる必要があることを、知らない人がいるということだと思います。これは、本当に恐ろしいです。中学校や高校の先生がアドバイスすべき立場にいるのだと思いますが、学校の先生の進路指導も形骸化しているとも聞きます。

もし、今、あなたやあなたの子どもが進路に悩んでいるなら、年代問わずいろいろな人(近所の人でもいいから。)に進路に関して意見を聞き、キャリア計画を立てるべきだと思います。
社会にでていない子どもや、その仕事についていない親がが思い描くイメージで語る仕事とは、やはり現実とはかなりかけ離れていると思うからです。

 

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top