シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

母子家庭で子どもの大学費用を貯める方法とは?

シンママブログ管理人さなです。大学進学費用を貯めるという目標があったとしても、具体的な方法までに落とし込まないと、なかなか、お金って貯まりません。

たとえば、塾に行かせていたら大学進学費用が足りなくなった、など見込み違いが起きていしまいます。最近、洋服や持ち物などは、そこまで貧困とは思えないシンママ家庭なのに、子どもが高校進学できない家庭があると、学校関係者から聞きました。ゲームなどを持っているのに・・・。そこで、今日はお金を貯める方法についてです。

8b5ee77b583f8bc56b21e5fafd140af6_s

 

 

 

 

まずは、貯蓄額を知る。大学進学費用最低300万円

最低限の大学費用は、300万円です。これは国立大学4年生の学費(授業料+教科書代など含む)のみ。また、年々大学の学費は上昇を続けていますから、本当に300万円は最低金額です。

300万円をできれば、高校入学時までに貯めるのが目標です。高校に進学すると、塾代もかかってなかなか、貯金ができません。そのため、前倒しで学費を確保しておくのが吉です。

子どもが中学1年生なら、年間100万円の積立が目標。月8万3000円の貯金で高校入学時に300万円貯まります。
子どもが小学1年生なら、年間33万円積立が目標。月2万7800円の貯蓄で高校入学時に300万円貯まります。

大学費用を貯めるには、収入の中で生活費をやり繰りする。手当は使わない

養育費や児童扶養手当、児童手当を生活費の足しにしていませんか?養育費がしっかり支払われるなど、目標貯蓄額をクリアであれば、各種手当を生活費に充てても困ることはないと思います。どうでないなら、もう一度家計を見直してみませんか。

部活動やお稽古にお金をかけるか?大学進学費用にするか?

目標貯蓄額に届かないのに、子どものお稽古や、お金のかかる部活を続けて、生活費の足しに児童扶養手当や児童手当や養育費を使っていると、大学進学できなくなる可能性があります。

あなたに万が一が起こる確率と、大学に進学する確率はどちらが高い?

たしかに、生命保険は必要かもしれませんが、あなたが死んでしまう確率と、子どもが大学進学する確率を比べましたか?生活費のスリム化ができるか家計を見直してみることをお勧めします。

もちろん、奨学金を使うという選択肢もあります。しかし、借金には変わりませんから、大学進学費用を全額奨学金にするのは、お勧めできません。

毎年、いくら貯蓄ができて、高校進学までにいくら蓄えることができそうか、試算してみると家計の問題がクリアになります。試算してみてください。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top