シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

貧乏から脱出するためには、お金とは何かを知るべきだと思う。

前回、貧乏から抜け出すには、資本主義から脱出し細くてもいいからお金の入口を作るべきというお話をしました。わたし自身、資本主義圏外にいき、自分で「商い」をしたことで、収入がアップしました。

その際に重要だなと思ったのは、お金とは何かを知ることだと思います。だってそうでしょう?何者が分からないものを集めることはできません。

kurekado

 

 

なぜ、お金を払うのか?

なぜお金が必要ですか?

子どもを大学に行かせるため、子どもに美味しいものを食べさせるため、子どもにカワイイ洋服を着せるため、子どもと思い出をつくるため・・・。

お金が必要な理由は、さまざまですが、一つにまとめると「自分では作り出せないサービスや商品を買うため」ではないでしょうか。

お金とは、自分が持つ能力以上のものを手にできる単なるツールです。自分では野菜を作れないから、野菜を買う。自分には、医学の知識がないから医師に診察してもらう。と言った風に。

しかし、大量消費の時代になると、お金は生活維持に必要なものを得るためツールといったことだけでなく、自分の欲望を手に入れるための道具という一面も一層強化されました。

現代社会は欲望を満たすために、お金を使うように仕向けている

儲ける側としては、「お金=欲望を満たす」という図式を広めないと、市場が拡大しないですからね。たとえば、早く移動できるなら、軽自動車だけでいいわけです。数千万円のクルマは不要なはず。

でも、それだと儲けが少ないので、自己顕示欲を刺激して儲けの多い高級車を買ってもらう。もちろん、欲望を刺激することは悪いことではありません。その数千万円のクルマを買うことで当人が幸せを感じるのならそれは、いいことです。

でも、本当に心から欲しかったものではなかった場合、買った後に後悔します。そのため、本当にほしくて必要なものが分かってない人は、買った後に後悔ばっかりしているので、「お金を支払うこと=後悔する、イヤなこと」という図式が無意識に刷り込まれています。

そのため、相手に後悔させちゃうんじゃないかと思って、自分がお金を受け取る側になることに、二の足を踏んでしまうんです。

お金とは、相手ができないことをしてあげたお駄賃

でも、本来、お金を稼ぐということは、相手ができないことをしてあげたお駄賃のはずです。そのため、市場の中でのやり取りにおいては、お金は相手から奪うものでも、奪われるものでもありません。(もちろん、詐欺は別です。)

お金は奪い、奪われるものだと考えている人が、健全な方法で貧乏から抜け出せるでしょうか?お金を稼ぐのは奪い合いだと考えている人が、貧しさから抜け出すには詐欺ぐらいしか、わたしには思いつきません。

健全に稼ぎたいというなら、お金が「相手ができないことをしてあげたお駄賃」ということを思い出し、お金を稼ぐことの罪悪感を無くさないと、中々貧乏からの脱出は難しいように感じます。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top