シングルマザー的節約生活術-年収110万から始める貧乏脱出大作戦-

「妻が母になった」のは、夫のせいじゃないのか?

最近、芸能人(メディアに出ている人)の不倫報道が多い気がします。不倫、多いな。

そういえば、旅行代理店に勤める友人が、「不倫旅行多いよ。」って言ってました。不倫旅行を予約した人ってすぐ分かるんですって。たとえば、旅行の予約確認の電話は、絶対に家にしないでとか、ファックスでも送らないでとか。念押しがしつこい。

某人も今週の新潮で不倫旅行が暴露されてました。不倫相手と海外旅行にいったとのこと。失礼ながらあの体で外に出たら、すごくひと目を引くと思う。バレてもいいや!ってことなんだろうか・・・。

稼ぎのいい夫の妻はいつもキレイです

不倫をしていた彼のいう不倫の理由が「息子が生まれ妻が母になった」「癒やしを外に求めた」「よくある話ですけど長男が生まれて妻が母になって夫婦らしさが失われた」ですって。妻から母になるなんて、そんなの当たり前じゃん。それが庶民の結婚ですよねー。

夫自身はどうだったんだろう?って話ですよ。妻に性的魅力の維持を望むなら、夫もさぁ、頑張れよ。どう頑張るのかっていうと、妻が性的魅力を切らさないように、サポートしろってこと。

大抵のママは子育て中、自分のために使える時間なんてそうそうないんじゃないですかね。わたしなんか、子育て中いつ何時ギャン泣きするか分からないから、髪を丁寧に洗えなかったです。

夫が土日休みの時に、子どもを預けて美容室に行くのがやっと。それなのに、土日に妻のために子どもを見てあげているオレすげーみたいな夫もザラでしょ。

メイクしようにも、メイク中にギャン泣きされて、アイラインが片目の途中で止まってて、ピカソみたいな顔になったからしなくなったし。

だけどさ、基本的に時間を作るってことや美しさってのは、ぜーんぶお金で解決できるんだよね。

時間も美もお金で買えます

b8fdd4c2b162391ffb45d8a240abcac6_s

 

 

 

 

美容はお金をかければどうにでもなるし、子育て中で自分の時間がないならシッターさん雇えばいい話。

そしたら、妻の長い髪の毛は、いつも艶々に美しく巻かれてます。エステにも定期的に行ってるから、シワやシミのないお肌を維持できます。たまに、美容クリニックでメンテナンスもいいですね。そして、オムツ替えも料理もしないママの手は白魚のよう。

見た目が美しいだけではありません。子どもと外出する時もシッターさんがいるので迷子にならないか目を配ったり、子どもが急に道路に飛び出さなかと心配することもありません。

だから、走りにくいハイヒールだってはけます。心に余裕があるから、いつまでも優しい奥さん♪です。乳母や料理人がいたヨーロッパの貴族みたい。庶民の稼ぎでは、シッターや料理人を雇ったりエステに定期的に行くなんて、とてもとても・・・・・。

幼稚な男の非現実的な妄想に付き合う時間はない

勘違いしてほしくないのは、夫はお金を稼げればいいとか、そういうことを言いたいのではないんです。「息子が生まれ妻が母になった」「癒やしを外に求めた」「よくある話ですけど長男が生まれて妻が母になって夫婦らしさが失われた」って言ってる夫は、非現実的な妄想をして、自分の甲斐性の無さを宣言していることに気づいてるのか?って思っちゃいます。

スポンサードリンク

記事がお役に立ちましたら、ランキングバナーのクリックの応援よろしくお願いします♪クリックされると小躍りしちゃいます。
にほんブログ村 シングルママ

シンママでも子どもと豊かに暮らしたい

子どもが風邪をひいたら、子どもと一緒に横になり、学校から帰った子どもにお帰りといってあげるそんな生活をしています。 平均2時間の作業で月15万円以上稼ぐわたしの働き方の話はこちらで公開中。

こちらの記事も合わせてどうぞ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

Return Top